So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

金田一少年新作 犯人たちの事件簿(3) 金田一37歳の事件簿(1) 購入 [漫画]

スピンオフ作品 犯人たちの事件簿3巻と
金田一中年の事件簿が出ていたので購入。

kinda.jpg

犯人たちの~はいつも通りのノリで
あいかわらず面白かった。
ただ、どうしたってワンパターンになるし
話の変化も付けづらいので
(良い話とかシリアスな話にはできないしw)
さすがに3巻となると若干マンネリ感がなくもない。

ずさんなトリックにつっこみいれて茶化す、みたいな側面もあるので
対象が初期エピソードに偏るのも変化に乏しくなる原因だろうか。
(あまり最近のエピソードをとりあげると原作者に角が立ちそう)

ただ、そういう意味では今回収録の「仏蘭西銀貨殺人事件」は
オリジナルからしてすげー話だったんだな、という再発見があってよかった。

「37歳の事件簿」の方は、
てっきり、スピンオフの一発ギャグ作品かと思ったら、普通に金田一だった。
普通に殺人事件起こって普通に推理する、いつもの金田一。
いつも通りの面白さ。

というか、普通に金田一すぎて
せっかくの37歳という設定が活きていないような。
絵的には、もう少年時代そのままの顔なので
これは意図的に描き替えてないんだろうな、と思った。
これは、こっちも、別に老けた金田一を見たいわけじゃないし全然アリ。

ただ、ここまで大胆な事やるなら、
もう、性格も全然変わってしまって、すっかり落ち着いた常識人みたいになった金田一が
殺人事件に遭遇したことを切っ掛けに、
本来の狂犬ぶりを取り戻し活き活きと活躍揮する、みたいな話が良かった。
本作では、良くも悪くも少年のまますぎる。

金田一の、

昔だったら立場考えずにズバっと言えてたのになぁ~ン

みたいなギャグは面白かったけど。

あと、序盤で、オリジンでは封印されたエロ描写があったので
(ただのサービスカットだと思うけど、実は深い意味のある伏線だったりしたら熱い)
これは、青年誌なのを良い事に、いままでにないグロ表現でも来るか、と身構えたが
今回、むしろあっさり目の描写、というか死因だったので肩透かしだったw

気になったのが、これがパラレルワールド的なものという明言がないので
正史とすると、これに出てくるキャラは
本編での死亡退場はありませんよ、という太鼓判になってしまうので
隙あらばレギュラーキャラすら殺害、というスリルがなくなるのは残念。
できれば、完結時に夢落ち的な予防線張ってほしいところだが、それはそれで興ざめっていうか…


金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(3) (講談社コミックス)

金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(3) (講談社コミックス)

  • 作者: 船津 紳平
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/06/15
  • メディア: コミック


妙に薄く、今まで3エピソード収録だったのが2エピソードだったのが残念。
分厚くなっても良いから3つ収録してほしかった。


金田一37歳の事件簿(1) (イブニングKC)

金田一37歳の事件簿(1) (イブニングKC)

  • 作者: さとう ふみや
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/06/15
  • メディア: コミック


新ヒロイン出して、ワトソン美雪のマンネリ打破も目的だったのかな、と思ったけど
その新ヒロインが犯人の可能性もあり、油断が許されないのが金田一。
続きが楽しみである。


nice!(0)  コメント(0) 

カイジ新刊 「賭博堕天録カイジ 24億脱出編」 1&2巻 いつの間にか発売されていた問題 [漫画]

まさかの2冊同時発売。
一週間くらい前、6/6に出ていた模様。

自分、結構本屋寄る方なのに、売り場で気づけなかったところを見ると
書店での扱いは、もうマジでお察しレベルではないかと思われる。

多分コンビニにも並んでなかったし、
もはや本家の扱い、立場は、完全にスピンオフ作品と逆転してしまっているように感じる。

昼休みに発売されている事を知ったので、帰りに書店で買おうかな、と思ったが
普通に入荷少数 > 在庫切れ の可能性が頭をよぎったので
あえてのヨドバシ.comで注文。
本日到着予定。素晴らしい。

どうせ帰り道に本屋あるし、ムダに物流インフラに負担かけるのはいやだけど
今日読みたかったので仕方ない。


賭博堕天録カイジ 24億脱出編(1) (ヤンマガKCスペシャル)

賭博堕天録カイジ 24億脱出編(1) (ヤンマガKCスペシャル)

  • 作者: 福本 伸行
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/06/06
  • メディア: コミック



賭博堕天録カイジ 24億脱出編(2) (ヤンマガKCスペシャル)

賭博堕天録カイジ 24億脱出編(2) (ヤンマガKCスペシャル)

  • 作者: 福本 伸行
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/06/06
  • メディア: コミック



評判イマイチ。
これから読むのにネタバレはいやなので、レビューの内容までは見ていないが
新章突入で大盛り上がり、とはいかなかった模様。

nice!(0)  コメント(0) 

キン肉マン 最新63巻 本日6/4(月)発売 ネタバレありの感想 [漫画]

本日発売。


キン肉マン 63 (ジャンプコミックス)

キン肉マン 63 (ジャンプコミックス)

  • 作者: ゆでたまご
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2018/06/04
  • メディア: コミック




以下、容赦ないネタバレありの感想。


さっそく読んだが
カレクック戦がちょっと長くてイマイチだった。

戦法も単調、特に見せ場のない敗北で、
死因がボディ裂ける系だったのも、カナディアンマンとかぶってて印象悪い。
この流れなら、ここで一発、
モアグロ死・モアゴア死して視聴者に強烈な印象を植え付けるべきだったのではないか、と
前回グロ表現否定しておいての掌返しw

というか、ただ単に、自分がカレクックが好きでも嫌いでもなかったから
楽しめなかった可能性はある。

ウルフマンはちょっとキン肉マンと慣れ合いすぎに感じた。
もともと関係性薄い二人なのに、ここにきて急に

おりたちは喧嘩友達じゃー!

みたいな顔されても、という印象がある。
やっとキン肉マンが出てきたのは嬉しい。

ジャスティスマンの登場はメダパの心無いネタバレで知っていたのだが
あ、これだけ?というガッカリ感。
今後の活躍に期待したい。

そして、前巻ラストの登場で期待させておいて、フェニックス登場一切なしだったのも
肩透かし感が強い。
ちょっと期待外れな一冊だったが
続きが楽しみなのは間違いない。



THE超人様 1 (ジャンプコミックス)

THE超人様 1 (ジャンプコミックス)

  • 作者: 石原 まこちん
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2018/06/04
  • メディア: コミック



そしてこちらはまさかの売り切れだった。

コメントでメダパから
つまらないからぁー買うのやめとけぇーと言われていたのだが
へー、そうなんだ、とか言いながら普通に買うつもりだったのだが
売り切れてるとは思わなかった。
入荷が少なかったんだと思うが
買えないとなると欲しくなるw
というか、6/4現在、amazonでも売り切れてる。
これは、実は発売延期のパターンか、と思ったけどヨドバシ.comでは普通に売ってた。


キン肉マン 63 (ジャンプコミックス)

キン肉マン 63 (ジャンプコミックス)

  • 作者: ゆでたまご
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2018/06/04
  • メディア: コミック


冒頭、
うまく説明できない自分がもどか所為
みたいなことを言いだしたギヤマスターが個人的にツボだった。
ポーズも良いw


nice!(0)  コメント(0) 

『キン肉マン』スペシャルスピンオフ『THE超人様』1巻 6/4発売 [漫画]


『キン肉マン』スペシャルスピンオフ『THE超人様』(1): ジャンプコミックス

『キン肉マン』スペシャルスピンオフ『THE超人様』(1): ジャンプコミックス

  • 作者: 石原まこちん
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2018/06/04
  • メディア: コミック



Amazonでキン肉マン探してたら一緒に出てきた謎の漫画。
調べたら、週プレで連載の
キン肉マンキャラ使ったゆるキャラのギャグ漫画の模様。
webで最新話を読んでみたが、特別面白いものでもなかったが
せっかくだから最新刊と一緒に買ってみようと思う。


キン肉マン(63): ジャンプコミックス

キン肉マン(63): ジャンプコミックス

  • 作者: ゆでたまご
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2018/06/04
  • メディア: コミック


頑張れ、カレクック男
nice!(0)  コメント(2) 

キン肉マン 最新63巻は 6/4(月)発売 [漫画]


キン肉マン(63): ジャンプコミックス

キン肉マン(63): ジャンプコミックス

  • 作者: ゆでたまご
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2018/06/04
  • メディア: コミック



amazonにあった。
ほぼ一か月後だが、今から楽しみ。

nice!(0)  コメント(0) 

しげの 秀一 MFゴースト2巻 5/7発売 [漫画]

頭文字Dの正当(?)続編、MFゴースト2巻がもうじき発売。

GWあたりに出る、という認識だったので
そろそろ出てるのか、と思ったら5/7の発売だった。
GW終了後のお楽しみということで。

自分的には、終わってみれば序盤の方がピークだった頭文字Dなので、
こちらも、最初の盛り上がりに期待したい。


MFゴースト(2) (ヤンマガKCスペシャル)

MFゴースト(2) (ヤンマガKCスペシャル)

  • 作者: しげの 秀一
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/05/07
  • メディア: コミック


表紙。
独自の絵柄が先鋭化していった結果(か分からないが)
俺のような素人目には、正直この絵は不自然に見える。


MFゴースト(1) (ヤンマガKCスペシャル)

MFゴースト(1) (ヤンマガKCスペシャル)

  • 作者: しげの 秀一
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/01/05
  • メディア: コミック


こちらが1巻。
微妙にSF的な近未来設定、頭文字Dとのリンクを匂わせる展開が面白かった。
2巻に向けて再読して待機。

nice!(0)  コメント(0) 

藤子・F・不二雄 チンプイ 新装版購入 [漫画]

月一で出てた、チンプイてんとう虫コミックス版が、
この間発売の4巻で完結した。

チンプイはその昔、アニメ版でちょっと見た程度で、
林原めぐみのEDが印象に残っているくらいで、あまり内容は覚えていなかったのだが
原作漫画は今まで読んだことがなかったので
F先生の作品という事で、面白くないはずはない、と思って期待して購入。

しかし、正直、1巻時点では
ちょっと思ってたのと違うというか、主人公のエリが好きになれず
(言葉遣いとか)
なんかあんま面白くないな、と思っていた。

が、読み進めていくうちに、こちらが独特の雰囲気に馴染んできたのか、
楽しくなってきて、4巻読了時は、シリーズ未完を非常に残念に感じた。

シンプルながら可愛いチンプイのデザインも良い。
アニメ版での、ハットリくんの声優のイメージが強かったが
原作版ではまた違ったイメージだった。
amazonでアニメ版ちょっと見てみたが、原作版のデザインの良さを活かしきれていない印象がある。

完結とはいえ、ストーリー的にはなんの決着もつかない状態での終了。
本編で、あれだけ殿下と結婚する未来を、既定の運命として描いておいての
F先生ならではの、あざやかな裏切りとか見てみたかった。
結末を見ることは永久にかなわないと思うと、とても残念である。

テレックスという古めかしい単語が出たり、ところどころ時代を感じさせるが
今読んでも十分楽しめると思う。

余談だが、ドラえもんでもあったと思うが
F先生は「リハウス」=「引っ越し」として使っているようだが
「三井のリハウス」の印象しかないし、ネットで調べても三井不動産の造語とあった。
先生勘違いされていたのだろうか。


チンプイ 1 (てんとう虫コミックス)

チンプイ 1 (てんとう虫コミックス)

  • 作者: 藤子・F・ 不二雄
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2017/11/28
  • メディア: コミック




チンプイ 2 (てんとう虫コミックス)

チンプイ 2 (てんとう虫コミックス)

  • 作者: 藤子・F・ 不二雄
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2017/12/27
  • メディア: コミック




チンプイ 3 (てんとう虫コミックス)

チンプイ 3 (てんとう虫コミックス)

  • 作者: 藤子・F・ 不二雄
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2018/01/26
  • メディア: コミック




チンプイ 4 (てんとう虫コミックス)

チンプイ 4 (てんとう虫コミックス)

  • 作者: 藤子・F・ 不二雄
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2018/02/28
  • メディア: コミック


書店での扱いが悪いのが残念。古い作品だし仕方ないとは思うが
せっかくの新装版発売なのに。
こういうときネット通販は助かる。

https://www.shogakukan.co.jp/pr/tencomi/chinpui/

新装版の公式サイト。
ロード待ちの映像が可愛かったり、なかなか頑張った作り。
林原めぐみの、当時を振り返るインタビューもボリュームがあったし
内容も興味深かった。


nice!(0)  コメント(0) 

1日外出録ハンチョウ 3巻発売 [漫画]

コンビニで発見して購入。

丁度、本日発売だった。
セブンイレブン is God

似たようなノリの「トネガワ」もあるせいか、この巻買ったっけ?みたいなのが多いが
ハンチョウはまだ3巻だった。

今回は、前の2巻より、グルメ漫画ノリは減って
ハンチョウをネタにした日常系ギャグテイストが強いように感じた。
ハンチョウで生まれたサブキャラの再登場などもあり、
「ハンチョウワールド」が確立されてきた感がある。

内容は、意外とハートフルないい話が多く、面白かった。
ハンチョウが良いヤツすぎて、カイジ本編の大槻と同一人物に見えなくなってきたw
俺も、良いメシに備えて、しばらくパサパサの飯食べようと思う。


1日外出録ハンチョウ(3) (ヤンマガKCスペシャル)

1日外出録ハンチョウ(3) (ヤンマガKCスペシャル)

  • 作者: 上原 求
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/03/06
  • メディア: コミック


帯に載っていた「トネガワ」アニメ化のニュースも嬉しかった。
ちゃんとアニメ版カイジ準拠で、白竜に声やってほしいところだが
芸能人吹き替えとかありえそうでちょっと怖い。
nice!(1)  コメント(0) 

キン肉マン 62巻(3/2発売) 感想 [漫画]

完全ネタバレの感想。



キン肉マン 62 (ジャンプコミックス)

キン肉マン 62 (ジャンプコミックス)

  • 作者: ゆでたまご
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2018/03/02
  • メディア: コミック





ティーパックマンはあれだけ引っ張っておいて1話目であっさり死亡。
62巻的には見せ場ゼロ。
そして、やはり首切断は許されなかったが
ウォーズマンにやられたような ブチ 的なやられかたじゃなくてよかった、
ような、より悲惨なような…
泣いてるし、そのあとで生首何回も出てくるし。

DWAJbSKU8AA9PJ_.jpg
片手でブチ


カナディアンマンは完全に勝つ流れだこれ、と思わせておいて
まさかのグロ死。
前シリーズではグロ表現抑え目だったゆで先生だが
カナディアンマンの腹破裂は、ヘタにブロッケンマンみたいな胴体切断より
より生々しく感じる。
前シリーズで、ロビンの脇が裂けかけた描写があったが
あれが進行するとこうなってたのか、という恐怖があるw
実はティーパックマンのほうが壮絶なグロ死を決めたワケだが、
やはり人間の形してる超人のグロ死はインパクトがある。
あと、カナディは、悪魔騎士編で、リキシマンの男気で改心した過去があるので
そこらへんのからみがあるのかと期待したがダメだった。残念。

ベンキマンも善戦むなしくグロ死したわけだが
死刑執行時、ベンキマンの身体に、変なギアの紋様が浮かび上がったおかげ(?)で、
微妙なファンタジー感があって
物理的に、「ギアの回転にバリバリ巻き込まれて粉砕された」わけではなく、
なんか「不思議な呪術的な技でやられた」みたいな錯覚があり、
グロ度低めの神配慮。
KKD発動はカナディアンマンでやってやれよ、と思わなくもないが
見せ場があって良かった。
(クソ力と頭のオブジェをかけたかっただけ説はある)
インカVSオーパーツは実にキン肉マンらしくて良い設定だった。

しかし、ここまで正義超人全敗なワケで、
カレクックとウルフマンの頑張りに期待したいところだが
さすがに勝つだろ、ウルフは、と思わせておいて
すでに36年前、読者に多大なトラウマを植え付けた
バラバラ死の前科があるウルフだけに、一切油断はできないと言えるだろう。

2世ではグロ描写に次ぐグロ描写だったし、
今思えば初代キン肉マンもグロ描写多めだったので
ゆでたまご先生の本質は悪趣味であり、キャラをひどい目に合わせるのが好きな作家なんだと思う。
ただ、中井先生の絵柄の進化もあり、今やると生々しくなってしまうので
初代と同じつもりで、グロシーンやられるとちょっとキツイのも確か。
(2世のネプチューンとか)

前のシリーズでは上手い事抑えていたが
今回のが変にウケて、ゆで先生のグロ欲求のタガが外れて
今後描写がエスカレートしないと良いな、と思った俺である。
有能な新編集者氏の、ゆでたまごコントロールに期待したい。



キン肉マン 62 (ジャンプコミックス)

キン肉マン 62 (ジャンプコミックス)

  • 作者: ゆでたまご
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2018/03/02
  • メディア: コミック


正義超人敗北時に、名のある正義超人のリアクションがないのが残念というか
他人事感があるのが残念。
(本巻ではキン肉マンのセリフすらゼロw)
下手に、ウォーズマンだのラーメンマンだのが仲間の死を悼むシーンがあると
いや、敵強いんだからお前らが戦えよ、となってしまうので
あえて存在自体を読者から一時忘れさせよう、という作戦だろうか。

そしてラストの超人は、おお、ストロングマン!と思ったら
まさかのフェニックスで驚いた。
わざわざ畑たがやしてるあたり、ミスリード狙いだと思われるが
速攻でネタバラシするテンポが良い。
敵か味方か、アブストラクト・フェニックスの登場に、がぜん期待が高まった。

DXR-dJeVMAIFqUl.jpg
そして巻末にこのコマ。
62巻を読み終えた読者全員の心情を代弁する一コマであり、
編集者ぶっこんできたな、と思える渾身の小ネタ。
71Pのオリジナルのコマより拡大されてるのも煽りが効いてて良い。

が、普通に考えたら、命かけて戦ってるカナディアンマンに対して
「やはり」ってどんだけ失礼な委員長なんだよw

nice!(0)  コメント(0) 

キン肉マン 最新62巻は 明日 3月2日(金)発売 [漫画]

明日発売。
楽しみだなぁ~ン


キン肉マン 62 (ジャンプコミックス)

キン肉マン 62 (ジャンプコミックス)

  • 作者: ゆでたまご
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2018/03/02
  • メディア: コミック


がんばれ、紅茶男!

nice!(1)  コメント(0)