So-net無料ブログ作成
検索選択

映画 LOGAN/ローガン 感想 [映画]

IMAX字幕版で視聴。

前作「ウルヴァリン:SAMURAI」がガッカリ系の出来で
同じ監督の作品という事だったので、期待値をとことんまで下げての視聴。



ウルヴァリンは、山路和弘氏@烏丸所長の吹き替えが好きなので
吹き替え版で観たかったが、良い部屋ではやってなかったので字幕版で視聴。

公開4日目の日曜朝一の回だったが
客の入りは少な目で、座席の1/3~1/4くらいしか埋まってなかった。
(AM9:30開始と、さすがに時間が早すぎるので、そのせいもあると思うけど)

X-MENシリーズは大体劇場で観たが、
やはり客層がマニアックというか、マーヴル系とは全然違う。
劇場側としても、客の入りの弱さは予想できただろうに、
IMAXで公開してくれたことに感謝である。


明るさゼロ、笑いゼロ
残虐さ・悲惨さマシマシみたいな内容で
やはり終始シリアス(?)なSAMURAIに近いものを感じた。
ただ、あちらはハチャメチャな日本観のせいでスベってた感じだが
今回は、普通に落ち着いたトーンの映画、という感想。

アクション面では、幼女ウルヴァリン大暴れ
という内容で、あまりの激しさに度肝を抜かれたw
ラストの
俺とお前でダブルウルヴァリンだからな
みたいなシーンは胸が熱くなった。

そして、ここにきてなぜかバイオレンス描写全開で
首は飛ぶは顔面を爪が貫通するわで、今までのきれいなウルヴァリンだと思って見ると
びっくりするかも。
というか、あまり大きく宣伝されていないが、この作品R15指定だった。

幼女ウルヴァリン(ローラ)は、序盤一切喋らず、
キェーーーッ
だの
アーーーーッ
だのと絶叫するばかりで
事前に読んだアフレコ関係の記事で

烏丸所長「本当に上手いよね!(声優を担当した)梨央ちゃんは能力の塊ですね」

とコメントしていたはずだが
まさかこの絶叫だけで言ってんのか、と思ったら後半からしゃべりだして一安心w
吹き替え版は見ていないが、
ローラの声と鈴木梨央の声はけっこう近く感じたので、良いキャスティングだと思った。

そして、主人公ウルヴァリンだが、前作SAMURAIが
ミュータント能力を封じられて大苦戦、という話だったが
今回も似たような感じで
無敵のウルヴァリンが大暴れ
というシーンはほぼなし。
薬で一時的にだが、元気に暴れ回る姿が見られたのは最後のファンサービスか。

プロフェッサーXは、意外と良い扱いというか
がっつり物語に関わってきていた。
印象的なセリフも多く、
これは、聞きなれた大木民夫氏の吹き替えだったら
よりしんみりしたかもしれない。
…と思ったら、今回から大木氏から麦人氏へバトンタッチされていた模様。
残念。

2時間18分という長丁場だったが、飽きずに楽しめた。
次々展開が変わるため、連続ドラマを見ているような気分で
終わりが近づいても先が読めず、最後まで面白かった。


超HAMEX映画批評 80点

イベントごとにチャプター分けできそうな感じで
洋ゲー的な雰囲気があったと言えなくもない。
(ろくに洋ゲー知らないので、雰囲気も設定も似ているThe Last of Usだけの知識だけど)

予告で感じた通り、全編しんみりした感で
スカッと爽快ヒーロー映画では全然ないが、
そういうものと解ってて観れば楽しめるだろう。

ぜひ、おなじみの吹き替え版でもう一度見たい。
ソフト化が楽しみである。


余談だが、公式サイトのtwitter紹介や、yahooのレビューで高得点になっていて
ファンとしては嬉しいのは間違いないのだが
この作品は、前提として、X-MENシリーズのキャラ・世界観を把握していておかないと
100%は楽しめない作りであり、
また、娯楽度の高いヒーロームービーではないため
万人向けのエンタテインメント作品ではないという点に、注意が必要だろう。
あまり前情報で期待値上げて観に行くと、
シリーズファンでも肩透かしに感じる可能性があるので
(それほどシリーズ他作品とテイストが違う)
これから観に行く人は、フラットな気持ちで行ってほしいと思う。



ウルヴァリン:X-MEN ZERO [Blu-ray]

ウルヴァリン:X-MEN ZERO [Blu-ray]



名作。
927円は安すぎる。
オススメ


ウルヴァリン:SAMURAI [Blu-ray]

ウルヴァリン:SAMURAI [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray


927円。高い。


X-MEN:フューチャー&パスト [Blu-ray]

X-MEN:フューチャー&パスト [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray



設定では2024年らしい。
ローガンが2029年設定なので、あのハッピーエンドから5年後で?となるため
やはり、別の世界線の話なのだろうか。


X-MEN:フューチャー&パスト ローグ・エディション(2枚組) [Blu-ray]

X-MEN:フューチャー&パスト ローグ・エディション(2枚組) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray


ディレクターズカット版。

ドクターストレンジ レンタル視聴 [映画]

映画館で観たかったが、タイミングがあわずにソフト待ちしていた作品。
無事レンタルで視聴できた。
以下、ネタバレなしの簡単な感想。





主人公のキャラが立っていて面白かったが
ヴィランとのバトルが中途半端で
明確に「勝った」という感じでないため、若干カタルシスに欠ける終わり方だったのが残念。
あとドクターストレンジがあんまり強くないw

ラストまでの展開は、自分の大好きな
「ヒーロー誕生編」であり、これはもう相当楽しめた。
予告でおなじみの、独特の映像表現も凄かった。
3D映えしそうだったので、これはやっぱり劇場で3Dで観たかったなー、と思った。

吹き替え版で視聴したが
気になる今回の芸能人枠は、ヒロイン・クリスティーン役の松下奈緒。
芸能人吹き替えにしてはかなり上手い部類で、ほとんど気にならずに観られた。
声質が若干坂本真綾っぽくて、洋画吹き替えにあってる気がする。
松下奈緒さんは悪くないよ!
あと、調べたら、師匠の尼僧も女優吹き替えだったようだが、こちらも普通に上手かった。


超HAMEX映画批評 80点


やはりラストでスカっと爽快、といかなかったのが、若干視聴後の印象を悪くしている。
トンチを効かせた攻略法は良かったので、
その上で、ミスタードクターがカエシリウスを魔法で圧倒して勝利し、
気分よく終わってほしかった。





普通に単品作品としても面白かったし、
アベンジャーズ新作に向けて、是非見ておきたい作品。

キン肉マン 最新59巻は明日 2017年6月2日発売 [漫画]

毎度のことだが、もしかしてもう売ってるかも、と
前日の今日本屋寄ってみたが、やっぱり売ってなかった。
けど、すっかり忘れてた黒沢の新刊買えたのでラッキーw


キン肉マン 59 (ジャンプコミックス)

キン肉マン 59 (ジャンプコミックス)




明日発売。
楽しみである。

ちなみに前の巻は、出勤前にコンビニで売ってるのを発見して買った。
(さすがに家帰ってから読んだけどw)


ストリートファイター5 プラチナトロフィーゲット [ゲーム]

最後の難関、サバイバルモードHELLをクリアし、
ストVトロフィーコンプ達成。


記念動画
前回苦汁をなめさせられた、98面ナッシュから。

前回の反省を活かし、
出し惜しみはしない!
とばかりに、序盤から真空使ったりであっさり勝利。
その先も、動画のとおり、ひたすら飛び込んで連続攻撃を狙う、というスタイルでクリアできたので
100面戦う根気と、運悪く負けても諦めないガッツがあれば達成できないトロフィーではない。
ラストリュウに、いきなり心眼取られたのはかなり動揺したけどw

トロフィー情報を見ると、プラチナ獲得率は0.1%だったので、なかなかのレアさ。
その次にレアだったのが0.2%で「サバイバルのHELLクリア」だった。
やはり最大の難関だろう。

ただ、簡単に獲得できる「30名をマイリスト登録」が獲得1.6%だったりするので
みんなまじめにトロフィー集めてない説はかなりある。
あと、「ランクマッチでゴールドリーグ到達」が2.3%で
さすがにそんな事ないだろ、と思うので
この数字自体、イマイチあてにならない説である。


今日は、せっかく調整が入ったのに、オン対戦じゃなくてCPU戦をやる、という
意味不明なプレイだったが
CPU相手に新調整を思う存分試せた、と言えなくもない。

さっき、一通りランクマッチしたあとで、
唐突にサバイバルに挑戦してみたくなったのでやってみたワケだが
結果論だが、今ならクリアできる、という天啓(ゴッセージ)だったと言えるだろう。

…などと思ったら、よく思い返せば、
「サバイバルをプレイせよ」というターゲットがあったから始めたんだったw
拾っとくか、小銭…!
と思ってプレイしたが、結果的に念願のトロフィーコンプができて良かった。
スパロボVに続いてのトロフィーコンプ。
”V”のトロフィーコレクター・TYトン吉である。




ストVは悪くないよ!

メンテ延長 [ゲーム]

と思ったらストvメンテ延長。
仕事ヤスんで待ってた人もいるんやで!?

ええ加減に~ッ せよン!

追記


ストV、やりてぇなぁ~ン [ゲーム]

まるで何日もできてないようなタイトルだが、昨日もバリバリプレイした俺である。

そして、今日もやろうと思ったら
明日の新CFN(サーバー的なイメージ)移行のため
今日の13時から、24時間の長時間メンテ中だった。

となると、昨日のがver 2.0での最後のプレイだったわけだが
意図せず会心の一勝でシリーズ終了。
ピヨった相手に真空波動でP勝ち、という
完全にイキった勝ち方で、
ラーメンマンなら珍老師に叱られて逆切れするレベル。
だってオラ、一試合目ボッコボコに負けてたから嬉しくて…

マイキャラであるリュウは、調整で強化されるとはいえ、
小キックや立中Pのリーチが伸びました、程度なので劇的強化とはいかないが
自分の場合、そもそもシーズン1でも、
(強いと言われていた)小キックを効果的に使えてなかったフシがあるので
この機に、もっと使うようにしてみようと思う。

他キャラにも調整が入るので、
苦手としているバイソン戦とか、多少はマシになると良いなン、と思いつつ
明日を待ちたいと思う。




というタイミングで鉄拳発売。
ストV側が、わざわざ調整版のリリースを延期して、鉄拳発売にぶつけた形になったが
故意かどうかは置いておいて
せっかくの格ゲーシーンの盛り上がりに水差してどうすんの、という気も。

田中陽子 陽春のパッセージ 歌唱動画

ふと

ようこのようは胃潰瘍のよう

という、心底どうでも良いフレーズが頭をよぎり、ネットで検索したら
田中陽子の、アニメ「ようこそようこ」主題歌
「陽春のパッセージ」の、当時の歌唱動画が出てきた

陽春と書いて「はる」のパッセージと読むと今更知ったw
今風に言えば陽春のゴッセージとなるだろう。




PV。
音源はCDだが、冒頭と間奏の小芝居に音声が入ってるのがいけてないw
基本顔アップという低予算感が悲しいが
ところどころ見せる素の表情っぽいのが良い。



生歌版。ときめきは~ で裏返るのが良い。
ちゃんと歌っていてこれはすごい。昔のアイドルは歌が上手い説。声も良い。
本来歌詞がでる個所にインタビューみたいなのがずっと出ていて
歌詞だと思って見ると、そのデタラメ具合が面白い。


こちらは明らかに喉のコンディションが悪い。


こちらはバラエティ番組での歌唱?
生放送っぽいが、
収録のバランスとかの影響かもしれないが、ボーカルが際立っていて上手く聞こえる。

でも今夜は 綴れーなぁ~い
春の光 ゆーらーすーのぉ~は

の2か所で、意図的に崩して歌っているので
(大御所歌手的なw)
歌いなれてきた頃の映像なのだろうか
とか思ったら、歌唱後のインタビュー見るとデビュー直後っぽい。

youtubeで発見できたのはこの4本。

自分的には、けっこう気に入ってる曲なので、CD音源では比較的なじみの曲なのだが
歌ってる姿を改めて見られて、新鮮で良かった。
インターネットは悪くないよ!

そして、勢いあまってアイドルがカバーしてるのとか
「歌ってみた」まで聴いてしまったw



悪い意味で伝説のよっきゅんコーナー

当時は、今とは違ってアニオタと生身のアイドルは混ぜるな危険、みたいな時代だったので
(独断と偏見でものを言うおれ)
今見れば、別に気にならない気がする。

というか、この内容ではどう頑張っても寒くなるし、
なんで初回からこんなアニメ視聴者に挑戦的な態度なんだ、という構成w
田中陽子も災難である。
あたしと同じくらいかわいいでしょう?
の表情が良いw

映画 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー 視聴 [映画]

劇場で続編公開中に、1をレンタルで視聴。

この1は、ソフト化したばかりのころに、一度借りて途中まで見たのだが
なぜだか見ていて乗り切れず、途中で返却、という
自分としては珍しくリタイアした作品。

原因は芸能人吹き替えでは、と思い直し
今度は字幕版で観てみた。

結果として、普通に楽しめた。
キャラもたっているし、ノリも良い。
キャラ造形など、一見異色っぽいが、普通にマーブル作品として観られる。

俺がダメだった、芸能人が吹き替えているのはアライグマのロケットというキャラなのだが
あらためて吹き替えで見ても、別にへたくそってこともなく
普段なら全然、
おー意外と上手いじゃん
で済むレベルなのだが、どうにも合わなかった模様。
他のメインが山寺宏一&朴路美という
演技濃いめの声優だったので、悪い意味でコントラストを際立たせたのかも。
あと、お笑い芸人が声当てるんだから、きっと面白いキャラなんだろう
みたいな先入観とのギャップがあったのも、マズかった説である。

ちなみに、オリジナル音声と声が似ていたので
そこで選んだんだと思われる。


超HAMEX映画批評 90点

最初、口の悪いアライグマが売りって、子供向け作品なんじゃないの?
くらいに思っていたのだが、全然違ってて
普通に面白かった。
レンタルとはいえ、この作品を100円で楽しめるとは、得した気分である。
見ておいて損はない一本。




amazonビデオでも100円でレンタル視聴可能。
アベンジャーズ新作への登場決定とのことなので、それまでに予習しておいた方が良いと思われる。

モアナと伝説の海 3D版ブルーレイ 2017年7月5日発売 [映画]

モアナと伝説の海 3D版ブルーレイ 2017年7月5日発売

映画公開からかなり早い発売に感じて調べてみたが、
映画が2017/3/10公開で、ソフトが2017/7/5発売なので、約4か月でのスピードソフト化だった。

気になって調べてみたところ、
ズートピアやベイマックスも、同じく映画公開から約4か月でBD発売だったので
そういうシステムなのかも。

モアナ~は映画館で観たいと思っていたのだが、
ネットで
「これは見た目に反して、ディズニー版マッドマックス 怒りのデスロードだ」
みたいな感想で盛り上がってるのを見て、
えーそうなのかよ・・・
と、普通にテンションダダ下がりで、観に行くのをやめた経緯があるのだが
アナ雪以降、すべて3D版BDを揃えているので、せっかくだからこちらもポチってみた。




例によって、3D版BDのセットは、ネット専売かつ数量限定だと思われるので
発売日に3D版を入手したい人はこちらを買うのが良いと思う。

現在、割引価格5,000円なので、ポイント考えるとヨドバシ.comと同額。
しかし、ヨドバシは5/18時点で、「発売日以降のお届け」となっているので
今買うなら「発売日前日にお届け」のamazon一択だろう。


モアナと伝説の海 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

モアナと伝説の海 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • メディア: Blu-ray


急がないのであれば、こちらを買っておけば、発売後に
公式サイトから、3D版のディスクのみ2,000円で買うことができる(はず)

6/6 福本漫画発売ラッシュ [漫画]

一度延期になたのでは、と思われるカイジの新刊だが、
いつになっても出ないなー
と思ってたら、怒涛の福本ラッシュが来た。

カイジ ワンポーカー編13巻 6/6発売




新黒沢 10巻 5/31発売

新黒沢 最強伝説 10 (ビッグコミックス)

新黒沢 最強伝説 10 (ビッグコミックス)

  • 作者: 福本 伸行
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2017/05/30
  • メディア: コミック



中間管理録トネガワ 5巻 6/6発売

中間管理録トネガワ(5) (ヤンマガKCスペシャル)

中間管理録トネガワ(5) (ヤンマガKCスペシャル)

  • 作者: 福本 伸行
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/06/06
  • メディア: コミック



1日外出録ハンチョウ 1巻 6/6発売

1日外出録ハンチョウ(1) (ヤンマガKCスペシャル)

1日外出録ハンチョウ(1) (ヤンマガKCスペシャル)

  • 作者: 上原 求
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/06/06
  • メディア: コミック



本命の本編カイジが超失速中で、
むしろ、セルフパロディ的作品の黒沢や、別作者のスピンオフが高評価、という悲しい状態だが
本編あってこそのパロディ。
カズヤとの決着の盛り上がりに期待。

そして、黒沢(なぜかこれだけ一週間発売が早い)が
前の巻で、何気にいいところで終わっているので、続きが楽しみ。