So-net無料ブログ作成
ウルトラストリートファイター4 ブログトップ
前の10件 | -

PS4版ウルトラストリートファイター4 動画アップロードテスト [ウルトラストリートファイター4]

PS4版ウル4では、PS3版でできたyoutubeとの連動の
リプレイアップロード機能がオミットされているので
PS4本体の機能を使って、動画アップロードのテストをしてみた。


こちらはリプレイではなく、プレイのリアルタイム録画。
メニュー画面での動作、ロードの早さも確認できると思う。

PS4の動画保存は、特に設定しないでも、プレイが常時録画されていて、
「シェアボタン」を押したところから15分遡って保存できる、という面白い仕様。
後から、今のスーパープレイ保存したかったな、みたいな要望に完全対応。

バックグラウンドでつねに録画機能が走ってるとなると
その分、ムダに処理が重くなるのでは、とか思わなくもないが、
未来のマシンがそんな設計のわけなく、ちゃんと計算されてると信じたい。角度とか。

動画のトリミングができるはずだけど、シェアメニューのどこにも見当たらず
hmmっていたら、youtubeにアップロードする段階でトリミングできる、という謎設計だった。
トリミングしてローカルで残したい、という需要は絶対あると思うんだけど
できないのだろうか。俺のやり方がマズい疑惑である。
ちょっと調べたところ、SharFactoryというアプリをDLすればできそうなので、今度試してみようと思う。

あと、せっかくのPS4版ウル4の売りの1080p/60fpsが、
動画にした時点で30FPSに変換されてしまうので
PS4版の良さが動画に反映されないのは残念である。
このサイズじゃ画質もお察しだし。

プレイ中の、ヘッドセットのボイチャ音声も録音できたり
PS4本体のみで生放送の配信も対応していたりと、
使う予定はないが面白い機能がたくさんある。

せっかく買ったPS4です、ということで
いろいろ試してみたいと思う。


PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)

PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)

  • 出版社/メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • メディア: Video Game


思いの外楽しんで使っている。
買ってよかったPS4!

スリープ&レジュームの神機能で
起動時のロードの長い「ラストオブアス」も快適 …と言いたいところだが
ウル4との両立ができないのが無念。両方並行して遊びたいよ!
あと、ウル4で スリープ>レジューム して再開すると、ネット対戦でマッチングしなくなる事があるので
結局ソフト再起動することになるワナ。
ウル4は起動早いので全然良いんだけど。

プレステ4版 ウルトラストリートファイター4 感想 [ウルトラストリートファイター4]

PS4版ウル4を半日プレイした感想。

実は、リリース当初のバグ祭りの話を聞いていたので
あまり良い印象がなかったのだが
(改善されたのは知っているが、関係ない開発会社に移植丸投げで作った、とか読んでたので)
非常に快適になっていて、いい感じだった。

解像度アップとか言われても体感できるのか、と思っていたが
映像はあきらかに綺麗になってて、表情の変化、口の動きなんかもよく見える。

ロード周りもマシンパワーに物を言わせ、かなりのスピードアップ。
オンライン対戦のマッチングもサクサク。

何よりうれしいのがラグの軽減で、PS3版より確実に快適になってる。
低遅延のBENQモニター+RAP HAYABUSAによりラグ対策は頑張ってるつもりだが
やはり本体起因のどうすることもできない部分は大きかったと実感。

セーブデータ等はPS3版とは連動していおらず、オンラインの戦績もリセット。
PP/BP0からのスタートとなる。

懸念点だったプレイヤー人口だが、大晦日の深夜~元日にもかかわらず
それなりに人がいた。
最近はPS3版が人が激減りしているのが気になっていて、
PS4となると、さらに人が少ないのでは、と覚悟していたので驚いた。

ちなみに、最初にあたった相手はかなり上位のダン使いで
記念すべきPS4版第一戦は敗北スタート。

また、トロフィーも別扱いなのだが、自分としてはそこは逆に得した気分w
さっそくチャレンジモードやアーケードモードで、簡単なトロフィーを拾いまくった。


と、基本大満足だったのだが、唯一気になったのが、KO時のSEが小さくなる点。
些細な事なのだが、これが思った以上に拍子抜けするというか。
小パンチフィニッシュとか、かなり寂しい感じになるw
KOの瞬間のSEではなく、KOに関わる攻撃のSEが小さくなる感じで、
例えば滅波動の初弾でフィニッシュすると、KO後の、続きのヒット音も全部小さい音で再生される感じで
非常に締まらない。

バグだと思うので是非改善してほしいのだが、それだけのためにアップデートというのも
なさそうなので、ここは慣れに期待するしかない。

今回、音一つ、それも音量ひとつでこんなに印象変わるもんか、と
ゲームの演出の難しさみたいなものを垣間見た俺である。

あと、これは今ではほとんど使ってないのでどうでも良いのだが
リプレイをyoutubeにアップする機能がなくなっている。
面白い機能だったと思うので、ないのはちょっと残念ではある。
もしかして、PS4のシェア機能とかで代用できるんだろうか。
ここは今後調べてみる予定。

PS3との違いで言えば、PS3ではオンラインメニューと通常メニューでBGMが違うのだが
(同じBGMだけどオンラインメニューでは音色が減る)
PS4ではオミットされて、同じ音楽のままの模様。
これこそ、youtubeアップロード機能以上に別にどうでも良い箇所ではあるw


超HAMEX PS4ゲーム批評 95点。

値段の安さ、完成度を考えればほぼ満点。
-5点はSEバグ分ということで。

今回、期間限定SALEで2,093円という驚きの安価で買えたので20試合で元が取れる計算。
というか、すでに30試合以上オンライン対戦しているのでソフト分は遊んだ。
とりあえずストV発売までに、オンライン100勝のトロフィー獲得を目指したい。


PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)

PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)

  • 出版社/メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • メディア: Video Game


本体。
未だにウル4専用マシン。万が一BDドライブが壊れててもわからない状態w


【PS4/PS3/PC対応】リアルアーケードPro.V HAYABUSA

【PS4/PS3/PC対応】リアルアーケードPro.V HAYABUSA

  • 出版社/メーカー: ホリ
  • メディア: Video Game




【PS4/PS3/PC対応】リアルアーケードPro.V サイレント HAYABUSA

【PS4/PS3/PC対応】リアルアーケードPro.V サイレント HAYABUSA

  • 出版社/メーカー: ホリ
  • メディア: Video Game


低遅延でなかなか快適。フニャレバーにもだいぶ慣れたが、
まだたまに波動拳がゴスパンに化ける。

そして肝心のスト5のソフトだが、amazonで検索すると4種出てくる。
どれをポチれば良いかわからないので内容を見てみると




こちらが特典付きの初回限定版。7876円。
特典のキャミィのアレコスは全バージョンに付属。




初回限定盤のamazon限定版。9709円。
説明を見る限りPC用の壁紙3枚がつく、みたいな
しょうもない特典に見えるが…




通常版。7000円。
特殊称号「HOT!なアイツ」はどうでも良いと思われるため、
実質の差は付属のゼニーが1000>500になってるだけっぽい。




8629円。
通常版のamazon限定。壁紙で+1629円。地雷だと思われる。

amazon限定は論外なので除外して考えると
HOTパッケージか通常版の2択となる。
1000ゼニー付きで7876円か、500ゼニー付きで7000円か、その差は876円。
1ゼニーいくら、というのが分からないのでお得かどうかわからないが
(そもそもゼニー何枚でどんな要素が買えるのかが現状一切わからないw)
まあ、この値段差ならHOT版で良いんじゃないの、みたいな雑な感想。
強いて言えばHOTのパッケージがダサいのが気になる。

今日のウル4 爆走!連敗ロード2015 [ウルトラストリートファイター4]

久々の絶不調ゾーン突入で
昨日今日でPPを合計1000落とす大暴落。

自己最高記録更新だアアアアアアん!

などと浮かれた結果がこのザマであるw

特に今日は

せめてあと1勝、これが終わったら俺ガンプラに色塗るんだ…!

などと、時間に追われて焦る気持ちがますます俺を弱くして
格上・格下関係なしに面白いように負けまくった。

ちなみに言えば、そのプラモの塗装では、塗料をぶちまかすという、今までにない
大惨事コンボを決め、散々な一日であったw
何事も、あわててやるとロクな結果にならない、という事を痛感する俺である。

ただ、おかげで、
ちょっと勝ったところで、PP落としたくないから今日はここまでにしとこうかなン、うン
みたいな、弱い気持ちは完全に吹き飛んだ。

落としたらあとは上がるのみ、明日からウル4がんばるぞい、の心境である。


PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)

PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)

  • 出版社/メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • メディア: Video Game


ここでPS4値下げのニュース。

さすがに、ここからスト5発売までに、もう一回値下げは無いだろうから
値下がりしたらさっさと買ってウル4もPS4に移行するか、と思ったが
現状、ベストなPS4スティックが出ていない様子。
スト5のタイミングで、各社新スティックを出すのでは、と思われるので、
結局スティック待ちになる予感である。

今日のウル4 VS全一ジャガー [ウルトラストリートファイター4]


VS PS3全一アドン。

2R目序盤、俺のリュウが、
なんでピヨらないんだろう、というくらいの謎のタフネスを発揮。
リュウは耐えた。そして決勝戦--

目押しコンボのミス、小昇龍からの追撃失敗
(これは滅波動打とうと思ったらUC2だった、という動揺で灼熱すら打てなかったw)
ライジングジャガーの隙に安い反撃入れてたり、課題の残る試合だったが
相手のミスにも助けられて辛勝。
まぐれのラッキー勝利ではあるが、大金星である。

今日のウル4 VSリュウ [ウルトラストリートファイター4]



自己最高PPをさらに更新し、PP3600突破。
せっかくなので、記念にリプレイを残しておく。

リュウ戦は、同キャラだけあって、手の内がわかってるので
圧倒的に負けることは無い印象。
俺的には得意とするカードである。

ただ、妙に噛み合っちゃって
波動拳打つたびにエスパーばりに飛ばれてフルコン貰って終了、というケースはままあり
(格下相手でもある)
運ゲー的な面も感じる。
そうならない波動拳の出し方を考えてはいるのだが、上手く行ってるような行ってないようなw

この試合も、改めて見ると、最後、
無策に飛び込んでしまってるので、ここで
昇竜>セビ滅
と食らって、流れを持っていかれる危険性は大いにあった。

ただ、バッチリ噛み合ってるので、何か確信めいたものを感じ取って飛んだような気もするが
あくまで結果論、
そもそも、相手の体力的に、飛びからの大ダメージを狙う必要もなかったわけで、
この場合、体力リードを活かして波動連打で危なげなく勝ちきるべきだった、と反省である。

今日のウル4 VSヒューゴー [ウルトラストリートファイター4]



DL版購入後はいろいろアレコスを試したが
この袴・赤がしっくり来たので愛用している。

PP3500オーバーと、過去最高PPを達成。
PS3版とはいえ、以前はMAX2200とかだったので、それなりに上達したと思う。

ヘタにPPが上がると、維持したい、下げたくない、というビビリ心が頭をもたげて
ランクマのプレイに消極的になるので、
もういっそ負けて落としても構わない、という精神でプレイしているのだが
そこがプラスに働いたのだろうか。

このヒューゴー戦は、結構苦手意識があるのだが
今回、特に3R目などは冷静に対応できたと思う。
滅昇龍が危ういタイミングだったがヒット。
経験上、あれはかなりギリギリだったハズ。

要所で(普段あまり使わない)立ち大Kの牽制が刺さったのも大きかった。

最後、相手のSCゲージが貯まってたので、起き上がりに波動拳を重ねると
抜けられて負ける、というのは
今までさんざん食らってわかっていたので、
冷静に様子見できて良かった。
経験で読み勝った、という嬉しいパターンである。

ウルトラスト4 DL版購入 [ウルトラストリートファイター4]

やっとDL版ウル4を購入した。

え?PS4版の話?とさえ思われかねない、このタイミングでの購入だが
当然PS3版である。
2,990円したが、どうせ毎日遊ぶので速攻で元は取れるだろう。
ワンプレイ100円換算でたった30試合、下手すりゃ1日で終わるw

ちなみに、今、久々にウル4以外のゲームを買って遊んでいるので、
ディスクの交換が面倒だから、というズボラな理由でのDL版購入決意である。

さっそくプレイしたが、もしかしたら
今まで俺の遊んでいた「スパ4AEからのアップデート版」とは別ゲーム扱いで
最悪、戦績リセットとかもあるか、と考えていたのだが
そんなことは全然なく、購入済みのDLC、キーコンフィグ、youtubeのアップロード設定に至るまで、
すべてそのままで行けた。
逆に新鮮味ゼロw

違う点といえば、普段確実にスキップするOPムービーデモと、
起動時の
ウルトラ ストリートファイターフォー!
の声だけというw




PPもだが、BPを見るとかなりの格上のリュウ。
実際、試合内容は押され気味だったが
必殺の中足>波動抜け滅波動が突き刺さり、そこから逆転勝利。
活きた、あの時の特訓が!




ウルトラストリートファイターIV PlayStation 3 the Best

ウルトラストリートファイターIV PlayStation 3 the Best

  • 出版社/メーカー: カプコン
  • メディア: Video Game


割引がある分こちらのほうが安く買えるが
今回はディスクレスの恩恵を取った。
DL+インストールに1時間くらいかかったのは計算外だった。


真・北斗無双(通常版)

真・北斗無双(通常版)

  • 出版社/メーカー: コーエーテクモゲームス
  • メディア: Video Game


ふと無双が遊びたくなって、amazonで見てたら、これが妙に安かったので購入。
この値段ならクソゲーでも、と思って買ったが、それなりに楽しんでいる。

PS3版ウルトラストリートファイター4 使用キャラサンプル調査 6 [ウルトラストリートファイター4]

第6回調査。
これで300試合調査したことになる。

条件はPS3版、ランクマッチ。基本こちらが乱入という条件で、相手の使ったキャラをカウント。
PPは変動するものの、だいたい3000前後。
できるだけ避けているが、間違って同日中に同じ相手とあたった場合ノーカウントとしている。

以下、最新50回分の結果。


同率1位
ケン 5
リュウ 5

3位
ガイ 4

4位
ローズ 3

同率5位
Tホーク 2
サガット 2
セス 2
ディージェイ 2
ディカープリ 2
ハカン 2
ポイズン 2
ロレント 2

同率13位
いぶき 1
エレナ 1
オニ 1
キャミィ 1
豪鬼 1
ゴウケン 1
コーディ 1
殺意リュウ 1
ザンギュラ 1
ジュリ 1
ダッドリー 1
ダルシム 1
ダン 1
バルログ 1
ベガ 1
ヤン 1
春麗 1


今回はかなりバラけた印象。
そして、ここまでの全300回分の集計。


1位
リュウ 31

2位
ケン 26

3位
ザンギュラ 15

4位
春麗 13

5位
ディカープリ 12

同率6位
ベガ 11
豪鬼 11

8位
ガイ 10

同率9位
サガット 9
殺意リュウ 9

同率11位
クルオシキオニ 8
ユン 8
ローズ 8

同率14位
いぶき 7
セス 7
バルログ 7

同率17位
エルフォルテ 6
剛拳 6
コーディ 6
ダッドリー 6
ヒューゴー 6
ロレント 6

同率23位
Tホーク 5
アベル 5
ダルシム 5
ポイズン 5

同率27位
ガイル 4
ジュリ 4
ダン 4
ディージェー 4
ハカン 4
フェイロン 4
ヤン 4

同率34位
Cヴァイパー 3
エレナ 3
元 3
さくら 3
バイソン 3

同率39位
キャミィ 2
ブランカ 2
まこと 2

同率42位
Eホンダ 1
アドン 1
ルーファス 1


以上全44キャラ。

条件が違うのでカウントしていないが、たまに自分で部屋立てたり
強さ>だれでもでプレイすると
(普段は 同じ強さ で検索している)
この集計では下位だった、まことやキャミィ、バイソンとよく当たった。
やはりPP帯(2000後半~3000前半)でキャラ傾向が偏っていると思われる。

なので、これはあくまでPP2000後半~PP3000ちょい、くらいのキャラ使用率となる。

上位陣は不動のメンツで、ここまで多いとなると人気キャラと呼んで間違いないだろう。

個人的に、上位の中ではディカープリ戦が全然わからないので
かなり適当に戦っているが、この使用率、あたりやすさを考えると、しっかり対策する価値はある。
とりあえずトレモで触ってみようと決意する俺である。

あと、全体に、PP2000前半までと比べて、いわゆる「わからん殺し」が強いキャラが当たりづらい印象がある。
わからん殺しだけに頼って勝ってる人は、PP2500あたりに壁がある、ということだろうか。

ちなみに、さくら、アドン、ヴァイパー、ルーファスあたりと当たったら
PP格下だろうが普っ通にわからん殺されする自信がある。
不調でPP落として2500割ったら、苦手キャラゾーン入ってさらに深みにハマる、みたいなw



ウルトラストリートファイターIV PlayStation 3 the Best

ウルトラストリートファイターIV PlayStation 3 the Best

  • 出版社/メーカー: カプコン
  • メディア: Video Game


神4。
PS4版の話が全然出ないが、このまま国内無視決め込むつもりだろうか。


PS3版ウルトラストリートファイター4 使用キャラサンプル調査 その4 [ウルトラストリートファイター4]

全200回目標だったので、今回でラストとなる50回分。
早速結果発表。


同率1位
ケン 5
リュウ 5

3位
春麗 4

同率4位
ゴウキ 3
ザンギュラ 3
ヒューゴー 3

同率7位
エルフォルテ 2
コーディ 2
ダルシム 2
ベガ 2
ヤン 2

同率12位
Eホンダ 1
Tホーク 1
アドン 1
いぶき 1
エレナ 1
ガイ 1
クルオシキオニ 1
元 1
剛拳 1
サガット 1
ダッドリー 1
ディージェー 1
ハカン 1
フェイロン 1
まこと 1
ユン 1
ルーファス 1


最後になって、今まで一回も当たらなかった
E本田・アドン・ルーファス・元が一気に来た。

そして、全200回分の集計。


1位
リュウ 20

2位
ケン 17

同率3位
春麗 11
ザンギュラ 11

同率5位
豪鬼 8
ベガ 8

7位
殺意リュウ 7

同率8位
ユン 6
ディカープリ 6
サガット 6
クルオシキオニ 6

同率12位
ローズ 5
ヒューゴー 5
セス 5
コーディ 5
アベル 5

同率17位
ロレント 4
バルログ 4
ダルシム 4
ダッドリー 4
剛拳 4
エルフォルテ 4
いぶき 4

同率24位
ヤン 3
ポイズン 3
フェイロン 3
ダン 3
ガイル 3
ガイ 3
Tホーク 3

同率31位
まこと 2
ハカン 2
バイソン 2
ディージェー 2
ジュリ 2
エレナ 2
Cヴァイパー 2

同率38
ルーファス 1
ブランカ 1
元 1
キャミィ 1
アドン 1
Eホンダ 1

44位
さくら0


以上の結果となった。
200回ともなれば説得力のある数字ではないだろうか。


記念の200試合目。

リュウの不動の1位。
10試合やれば一回はリュウとあたる計算になる。
というか、毎回50回のカウントの丁度1割、5回ずつ当たっていた。
ケンはリュウよりバラつきがあるが、トータルしてみるとそん色ないレベルで当たっている。
キャラ設定どおり、安定のリュウ、勢いのケンといったところか。
胴着2人で 37/200 という高いヒット率。
リュウケンしっかり対策しておけば2割勝てる計算になる。

春麗は最後に一気に伸びたが、体感的にも良く当たっているし納得できる順位。
集計前の体感からも、
今回上位だった、リュウ、ケン、春麗、ザンギエフ、ベガ、殺意リュウの上位6人は
かなり使用率は高いと思う。

下位でも、セスやヒューゴー、ガイルはもっとあたってただろ、みたいな気持ちなのだが
これは多分、自分が苦手なキャラなので、当たった時の印象が強いだけだと思う。
ここらへん、数字にすることで、イメージとの差が出てきて面白かった。

そして、元は198試合目でやっと当たったw
1/198となる激レアキャラとのメモリアルマッチはなんとか勝利。

結局、さくらだけは衝撃の200バトル・ゼロ回フィニッシュを決めた形となった。

2015年初夏。PS3版ウル4、ランクマッチPP3000帯において、さくら使いは絶滅した---完

と言いたいところだが
こうなったら集計関係なしに、さくらとあたるまでやってみよう、と思いなおし、対戦続行したところ
まさかの201試合目でエンカウントw

あるぅ?そんなタイミングのいい話
と嘘くさく思われそうだがマジの実話である。


そしてマジでボコボコにされたw
だってオラ、さくらと戦うの200試合ぶりだったから…



ウルトラストリートファイターIV PlayStation 3 the Best

ウルトラストリートファイターIV PlayStation 3 the Best

  • 出版社/メーカー: カプコン
  • メディア: Video Game



5/26から初めて約2週間で200試合達成。
ソフト代はもちろん、買い替えたPS3本体の値段分くらいまで元取ってる気がする。
神4。

ウル4 人生初アレコス購入 [ウルトラストリートファイター4]

生まれて初めてアレンジコスチュームを購入してみた。
最近読んだウメハラ本にアレコスの事が書いてあって、その影響である。


よりによって犬コス。

試合内容は完全に負けだが、相手の削りダメージの見積もりが甘かったおかげで、なんとか勝利。
苦しい戦いだった。
2R目のアヴッパ滅波動や、追い詰めてからの逆転を許した3Rラストといい、課題の残る試合である。
しかし、開幕の昇龍拳、最後のEX昇龍とも、さすがに間に合うタイミングで出してるつもりなので
この試合微妙にラグってたのかもしれない。
アレコス使うとラグる、とかないだろうな…

リュウのアレコスは、破れ胴着や袴スタイルも悪くないが
今回、あえてのワイルド昇龍パックをチョイス。
ワイルドのカタログDL状態でも、このコスのリュウと当たったことは全然無かったので
個性だけは無駄に出る気がする。
(鳥ケンはあたったw)

あと、古いアレコスは、ウル4のパッケージ版を買えば使えるようになるので
(買おうと思ったけどまだ買ってない俺である)
そちらを買った際にかぶらないように、という判断でもある。

自分は、課金に関しては、否定的というか、頭の固い原人ゲーマーなので、
たかがアレンジコスチュームに450円?という気はしなくもないが
ゲーセンで遊んだと思えばたった4プレイ分であり、
そういう意味ではすでに元は取った。
はじめて使ってみたが、キャラの見た目が変わるのは、素直に新鮮で面白い。

アレコスの中でも色が選べるので、お気に入りの色を探しつつ
対戦を楽しみたいと思う。


ウルトラストリートファイターIV PlayStation 3 the Best

ウルトラストリートファイターIV PlayStation 3 the Best

  • 出版社/メーカー: カプコン
  • メディア: Video Game


DLで買うつもりだったのに、このパッケージ版が無駄に安いから決心が鈍ったw


前の10件 | - ウルトラストリートファイター4 ブログトップ