So-net無料ブログ作成
検索選択

スパイダーマン ホームカミング IMAX3D版感想 [映画]

公開翌日、12時開始の部で視聴。
客の入りは6~7割くらいで、意外と空いていた印象。
前週に見た「トランスフォーマー最後の騎士王」と同等くらいの客の入りだったが
前回が9時台という早い時間の上映だったので、単純に比較すると
トランスフォーマーの方が人気があるように感じる。
お盆期間なのが、集客的にマイナスに働いた可能性はあるかも。

以下、ネタバレ含む感想。







スパイダーマン新シリーズ一作目の体ではあるが、
いわゆる「ヒーロー誕生編」ではなかった。
そこは初登場作「シビルウォー:キャプテンアメリカ」でサラっと描かれたそのまま。
というか、本当の意味での誕生シーンは、そちらでも描かれてはおらず
本作で
「クモに噛まれた」
とサラリと語られただけだと思う。
あまりに有名すぎるので、省略しても問題ないだろう、という判断だろう。

そして、スーツを授けられた、シビルウォーでのエピソードのおさらいも
あるにはあったが、ピーターの撮影した映像という体で
変化球なため解りづらく
やはり、最低限、シビルウォーは視聴しておいたほうが良いと思う。

それに加え、重要ポジションのアイアンマン=トニー・スタークのキャラ、立ち位置など
視聴者から見ても雲上人であり、スーパースター
あのトニー・スタークがこんな若造に良くしてくれるなんて、ありがたい事です・・・
くらいに思えるような土壌がある前提でのストーリー展開なので
やはり全シリーズ見てた方が楽しいのは間違いない。

というか、シビルウォーもシリーズ色々見てないと楽しめないので
結局、全部順番通りに全部見るのが、時間はかかるけど一番楽しめると思う。


というわけで、新ヒーローのシリーズ一作目としては異色の出来で
シリーズ1.5作品目、的な、こなれた2作目と1作目の中間のような不思議な作りだったが
一作目として美味しい部分
(スーツに秘められた能力の解放や、ヒーローになった事での人間関係の変化など)
を描きつつ、余計なシーンがなかったので
非常にテンポが良く、2時間10分、一切退屈せずに楽しめた。
青春ものとしても面白かったし、
ラスボスの正体が明かされるシーンでは、最初気づかずに
(ろくに外人の顔を区別できないのでw)
ピーターが挙動不審全開になって
あ!そういうことか! と驚いた俺である。

音楽、映像すべてよく、文句なし。
軽口、ジョークも良かったし、笑いのセンスも良かった。
何の役にも立たなかった尋問モードで、バットマンネタぶっこんでくるのも面白かった。

しいて言えば、ヴィランとの戦闘が、若干
尺、迫力ともに物足りなく感じたが
全体のバランスで言えば丁度良かったと思う。


開幕のIMAXのカウントダウンがスパイダーマン特別仕様になってて
もう、導入からガッチリ心を掴まれてしまった。
そこでの、前後左右に飛び回る音響も良かった。
これは、ソフト版では見られないだろうから、IMAXシアターのみでのレア映像だと思う。

そして、最後の終わり方もよく、スッキリして満足で劇場を後にできた。
吹き替え版で、もう一回劇場でみたいくらいである。

というわけで、文句なしの面白さ。
超HAMEX映画批評100点。



主人公の心のケア、戦術サポート
絶体絶命のシーンでは華麗なアクションで救った
笑顔の素敵なネッド(デブ)も非常に良いキャラで、本作の面白さを支える名キャラだった。
というか、あまりに活躍するので最後死ぬんじゃないかと心配になったくらいw
彼の次回作への再登場を期待したい。



映画館で観るたびに
ネタバレしすぎだよなー、と思った予告編。

改めて見てもひどいw

・裂ける客船をスパイダーマンがウェッブでつなぐシーン
・それをアイアンマンが助けにくるシーン
・ジェット機上で、手作りスーツのスパイダーマンが戦うシーン

どこも、期待を裏切らない良いシーンだったのだが、
やはりこれは事前情報なしで見たかった。
特にアイアンマン(&中身)登場は見せちゃダメだろ、と言いたい。
(初回ガワだけアイアンマンでガッカリさせておいて、というギミックが台無し)
ここまで見せる以上、もう一回ひねって
最後は新スーツで、とか思ったのに全然違ったしw




先行ゲスト出演、というにはけっこうガッツリ登場したシビルウォー。
他作品にゲスト出演>主演作品公開
という異例の流れだったが、(平成ライダー映画ならよくあるけどw)
問題なく、上手くまとまっていて良かった。
nice!(1)  コメント(0) 

トランスフォーマー 最後の騎士王 感想 [映画]

公開翌々日、IMAX3Dの劇場で日曜日の朝一の回を視聴。
客の入りは7割程度。
9:30からの回にしてはお客が入ってたと思う。

事前情報では上映時間:3時間とあり、かなり身構えたのだが
ガセネタだったようで、
(ちなみに、今もgoogleで検索すると、右側に
  2017年 ‧ SF映画/スリラー ‧ 3時間 9分 と出てくるw)
実際は149分。
それでも十分長いので、事前のトイレマネジメントは重要である。

以下、ネタバレ含む感想。











ネタバレ:オスプレイ墜落




■ストーリー

長いわりにそれぞれのエピソードが深く描かれない印象。
観終わって、このキャラ出す必要あった?とか
このシーンこんな長くやる必要あった?
というのが多い。
死んで話盛り上げるでもないし。
ただ、キャラに関しては、続編への布石と考えられなくもない。

主人公ケイドは4の続投で、1からのキャラ登場もあり。
シリーズファンには嬉しいが、熱心なファンでなければ前作の事なんてロクに覚えてないだろうから
コイツ誰だっけ?みたいに感じるかも。
また、知ってる前提なので、どういうキャラですよ、という説明シーンもない。

最近観返したTF2で大活躍だった、元セクター7のシーモア・シモンズ の再登場は嬉しかったが
これといった活躍もなく、終わり際で、
次作で活躍しますよ。お楽しみに
的な扱いだった。
これで、スケジュールとかでもめて次回作には出せませんでした、みたいなことも
普通にあり得るから怖い。


■キャラ

これだけ尺つかってるのに、今作からの新キャラのキャラが立ってない印象。
イザベラとか、ヒロインかと思ったら
何のために出てきたんだ、というポジションで終わってしまった。
正ヒロインであるヴィヴィアンも、どうにも薄い。
登場シーンは多い(長い)のに、全然印象に残らない。
学生に軽口叩きながらアーサー王伝説の説明してるシーンがピークだった。

もういっそキャラ設定集約して
ケイド=マーリンの末裔 にしてしまった方が手っ取り早かった説である。

イギリス貴族と偽C-3POはなかなか良かったが
C-3POの退場がうやむやだったのが残念。

「ご主人の敵~~~~~ッ」

くらいの特攻シーンとかあればよかったのにw
あと、「ヘッドマスターという貴重な種族」という設定だったので
いつ頭部に変形してロボと合体するのかと期待していたのだが、完全肩透かし。
死亡しなかったので、こちらも次回作のお楽しみ、ということだろうか。


■トランスフォーマー

コンボイの闇落ちが最大のギミックのような宣伝だったが、実際は
サイバトロン星に到着したところで、
ラスボス(クインテッサ)にビンタ一発で洗脳されて闇落ち、というだらしなさ。
闇落ち(ネメシスプライム化)後も、大きな活躍なく、思ったよりあっさりと洗脳解除。
最終決戦に向け、演説の後、勇ましくカッ飛んで行ったが
なぜか遅れて到着したのが謎。
ラストバトルでは、VSメガトロンで、キック一発で場外に吹き飛ばして終わり、という
異常なアッサリ加減に驚いた。
ギャグかw
終わってみれば、予告編で大公開されていた
インフェルノカスの分離したところを回転切りでまとめてキルするシーンが
本作のバトルアクション的には、最大の見せ場だったのが残念。
シーンは少なかったが、恒例のバトル中の口汚い罵りはあったので満足w
あと、洗脳が解けた後、「二度と裏切らない」宣言をしていたが
あれだとまるで自発的に裏切った人みたいだな、と思った。

■バンブルビー

ちょっと前にTVで見た予告で爆死していたが、これは意図的なウソバレで
なぜか本作から、ターンXばりにバラバラ状態 > 集まって合体して復帰 が可能になっていた。
ちぎられたら死ぬ、という俺の考えるTFダメージ表現での
唯一、信用できるルールが捻じ曲げられた結果に。

と思って、予告映像を探してみたが見当たらない。
俺の記憶違いだろうか。

コンボイの洗脳解除という大役を果たしたと思ったら
まさかのラスボスキルまでw

■ドリフト

変なポーズでの瞑想シーンが良かった。
No Fear,No hate,No Anger

■その他

特に印象なし


さんざん話広げておいて、終わり方が随分あっさりしていたが
トランスフォーマーにおいてはいつもの事、という気もしないでもない。

EDのスタッフロールが、最近の映画にしては妙に短かったのも
尻切れ感に拍車をかける。

ストーリーイマイチ、
映像と演出100点。
というわけで

超HAMEX映画批評60点

トンデモ設定×史実、オーパーツ、古代遺跡、UFO侵攻という
自分的には好みの素材だらけだったのだが、脚本に難ありだった。
あと、観終わって冷静に考えると、尺の割に戦闘シーンが少なかった気がする。
ラストでやっと変形したコンボイ含め、
本来売りであるはずの、トランスフォームするシーンがあまり印象に残ってない。
ただ、見慣れてしまってなんとも思わなかっただけ、という可能性はあるw


改めて探して、上で書いたバンブル爆死シーンあったぁ、と思ったら
その後の復帰シーンまで大公開。
ネタバレしすぎ疑惑である。



予告やCMでやたら「超3D」というコピーで推してたが
感想としてはごく普通の3Dだった。
普通に良かったけど、変に期待させられた分マイナス、みたいなw
というか、今日見た他の映画の予告でもやたら3D推しだったし、
観客に飽きられてきたので、今更あわてて推してるのかな、と思った。


トランスフォーマー トリロジー ブルーレイBOX(6枚組) [Blu-ray]

トランスフォーマー トリロジー ブルーレイBOX(6枚組) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: Blu-ray


1.2.3+各特典ディスクの6枚組で3400円。安い。
この前、久々に1と2をレンタルして観たが、かなり面白かったので
BD買って持っててもいいな、と思った。




こちらは前作ロストエイジまでの4本セットで4045円。
新作前に予習を、というまじめな人にはこちらがオススメ

nice!(1)  コメント(0) 

実写版 美女と野獣 (10/4発売) BD予約開始 [映画]

amazonで予約開始していた。





10月4日発売だったので、約2か月後。
けっこう先だけど楽しみ。

例によって、こちらの3D版BD+2D版BDのセットネット販売限定。

ムービーネックスなので、いつも通り、2D版BDを買えば
追加で通販で3D版ブルーレイ(2160円)を購入することが出来ると思われるが、
到着までに多少時間がかかるし
3D版ブルーレイが欲しい人は、はなからこちらを予約してしまうのが良いと思う。
値段的にも単品+2,160円より安上がり。


美女と野獣 MovieNEX(実写版) [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

美女と野獣 MovieNEX(実写版) [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • 発売日: 2017
  • メディア: Blu-ray


こちらが2D版。

実は、「モアナと伝説の海」も3Dセットで買ったが、まだ2Dの方しか見てないので
(久々のヘッドマウントの使用は、なかなかにハードルが高い)
野獣も2D版で良い気がしてきたが、すでに3D版をポチってしまったので
10月までに視聴環境を整えたいと思う。


美女と野獣 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

美女と野獣 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • メディア: Blu-ray


実写版を映画館で観た日に、テンション上がってポチったアニメ版。
アニメ美女と野獣は、昔出たDVD版で持ってたんだけど、
BDで見たかったのでわざわざ買い替えた。

こちらは、今回の実写版の公開に合わせて発売されたパッケージで、
実写版の特別映像も入っている(短いけどw)
映像特典の、アニメ版の当時のアフレコの様子(オリジナルの外人の方)など、
何気に見どころの多いBDだったのでオススメ

実写版未見の人は、BDに備えてこちらで予習しておくと、より楽しめると思う。

映画 LOGAN/ローガン 感想 [映画]

IMAX字幕版で視聴。

前作「ウルヴァリン:SAMURAI」がガッカリ系の出来で
同じ監督の作品という事だったので、期待値をとことんまで下げての視聴。



ウルヴァリンは、山路和弘氏@烏丸所長の吹き替えが好きなので
吹き替え版で観たかったが、良い部屋ではやってなかったので字幕版で視聴。

公開4日目の日曜朝一の回だったが
客の入りは少な目で、座席の1/3~1/4くらいしか埋まってなかった。
(AM9:30開始と、さすがに時間が早すぎるので、そのせいもあると思うけど)

X-MENシリーズは大体劇場で観たが、
やはり客層がマニアックというか、マーヴル系とは全然違う。
劇場側としても、客の入りの弱さは予想できただろうに、
IMAXで公開してくれたことに感謝である。


明るさゼロ、笑いゼロ
残虐さ・悲惨さマシマシみたいな内容で
やはり終始シリアス(?)なSAMURAIに近いものを感じた。
ただ、あちらはハチャメチャな日本観のせいでスベってた感じだが
今回は、普通に落ち着いたトーンの映画、という感想。

アクション面では、幼女ウルヴァリン大暴れ
という内容で、あまりの激しさに度肝を抜かれたw
ラストの
俺とお前でダブルウルヴァリンだからな
みたいなシーンは胸が熱くなった。

そして、ここにきてなぜかバイオレンス描写全開で
首は飛ぶは顔面を爪が貫通するわで、今までのきれいなウルヴァリンだと思って見ると
びっくりするかも。
というか、あまり大きく宣伝されていないが、この作品R15指定だった。

幼女ウルヴァリン(ローラ)は、序盤一切喋らず、
キェーーーッ
だの
アーーーーッ
だのと絶叫するばかりで
事前に読んだアフレコ関係の記事で

烏丸所長「本当に上手いよね!(声優を担当した)梨央ちゃんは能力の塊ですね」

とコメントしていたはずだが
まさかこの絶叫だけで言ってんのか、と思ったら後半からしゃべりだして一安心w
吹き替え版は見ていないが、
ローラの声と鈴木梨央の声はけっこう近く感じたので、良いキャスティングだと思った。

そして、主人公ウルヴァリンだが、前作SAMURAIが
ミュータント能力を封じられて大苦戦、という話だったが
今回も似たような感じで
無敵のウルヴァリンが大暴れ
というシーンはほぼなし。
薬で一時的にだが、元気に暴れ回る姿が見られたのは最後のファンサービスか。

プロフェッサーXは、意外と良い扱いというか
がっつり物語に関わってきていた。
印象的なセリフも多く、
これは、聞きなれた大木民夫氏の吹き替えだったら
よりしんみりしたかもしれない。
…と思ったら、今回から大木氏から麦人氏へバトンタッチされていた模様。
残念。

2時間18分という長丁場だったが、飽きずに楽しめた。
次々展開が変わるため、連続ドラマを見ているような気分で
終わりが近づいても先が読めず、最後まで面白かった。


超HAMEX映画批評 80点

イベントごとにチャプター分けできそうな感じで
洋ゲー的な雰囲気があったと言えなくもない。
(ろくに洋ゲー知らないので、雰囲気も設定も似ているThe Last of Usだけの知識だけど)

予告で感じた通り、全編しんみりした感で
スカッと爽快ヒーロー映画では全然ないが、
そういうものと解ってて観れば楽しめるだろう。

ぜひ、おなじみの吹き替え版でもう一度見たい。
ソフト化が楽しみである。


余談だが、公式サイトのtwitter紹介や、yahooのレビューで高得点になっていて
ファンとしては嬉しいのは間違いないのだが
この作品は、前提として、X-MENシリーズのキャラ・世界観を把握していておかないと
100%は楽しめない作りであり、
また、娯楽度の高いヒーロームービーではないため
万人向けのエンタテインメント作品ではないという点に、注意が必要だろう。
あまり前情報で期待値上げて観に行くと、
シリーズファンでも肩透かしに感じる可能性があるので
(それほどシリーズ他作品とテイストが違う)
これから観に行く人は、フラットな気持ちで行ってほしいと思う。



ウルヴァリン:X-MEN ZERO [Blu-ray]

ウルヴァリン:X-MEN ZERO [Blu-ray]



名作。
927円は安すぎる。
オススメ


ウルヴァリン:SAMURAI [Blu-ray]

ウルヴァリン:SAMURAI [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray


927円。高い。


X-MEN:フューチャー&パスト [Blu-ray]

X-MEN:フューチャー&パスト [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray



設定では2024年らしい。
ローガンが2029年設定なので、あのハッピーエンドから5年後で?となるため
やはり、別の世界線の話なのだろうか。


X-MEN:フューチャー&パスト ローグ・エディション(2枚組) [Blu-ray]

X-MEN:フューチャー&パスト ローグ・エディション(2枚組) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray


ディレクターズカット版。

ドクターストレンジ レンタル視聴 [映画]

映画館で観たかったが、タイミングがあわずにソフト待ちしていた作品。
無事レンタルで視聴できた。
以下、ネタバレなしの簡単な感想。





主人公のキャラが立っていて面白かったが
ヴィランとのバトルが中途半端で
明確に「勝った」という感じでないため、若干カタルシスに欠ける終わり方だったのが残念。
あとドクターストレンジがあんまり強くないw

ラストまでの展開は、自分の大好きな
「ヒーロー誕生編」であり、これはもう相当楽しめた。
予告でおなじみの、独特の映像表現も凄かった。
3D映えしそうだったので、これはやっぱり劇場で3Dで観たかったなー、と思った。

吹き替え版で視聴したが
気になる今回の芸能人枠は、ヒロイン・クリスティーン役の松下奈緒。
芸能人吹き替えにしてはかなり上手い部類で、ほとんど気にならずに観られた。
声質が若干坂本真綾っぽくて、洋画吹き替えにあってる気がする。
松下奈緒さんは悪くないよ!
あと、調べたら、師匠の尼僧も女優吹き替えだったようだが、こちらも普通に上手かった。


超HAMEX映画批評 80点


やはりラストでスカっと爽快、といかなかったのが、若干視聴後の印象を悪くしている。
トンチを効かせた攻略法は良かったので、
その上で、ミスタードクターがカエシリウスを魔法で圧倒して勝利し、
気分よく終わってほしかった。





普通に単品作品としても面白かったし、
アベンジャーズ新作に向けて、是非見ておきたい作品。

映画 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー 視聴 [映画]

劇場で続編公開中に、1をレンタルで視聴。

この1は、ソフト化したばかりのころに、一度借りて途中まで見たのだが
なぜだか見ていて乗り切れず、途中で返却、という
自分としては珍しくリタイアした作品。

原因は芸能人吹き替えでは、と思い直し
今度は字幕版で観てみた。

結果として、普通に楽しめた。
キャラもたっているし、ノリも良い。
キャラ造形など、一見異色っぽいが、普通にマーブル作品として観られる。

俺がダメだった、芸能人が吹き替えているのはアライグマのロケットというキャラなのだが
あらためて吹き替えで見ても、別にへたくそってこともなく
普段なら全然、
おー意外と上手いじゃん
で済むレベルなのだが、どうにも合わなかった模様。
他のメインが山寺宏一&朴路美という
演技濃いめの声優だったので、悪い意味でコントラストを際立たせたのかも。
あと、お笑い芸人が声当てるんだから、きっと面白いキャラなんだろう
みたいな先入観とのギャップがあったのも、マズかった説である。

ちなみに、オリジナル音声と声が似ていたので
そこで選んだんだと思われる。


超HAMEX映画批評 90点

最初、口の悪いアライグマが売りって、子供向け作品なんじゃないの?
くらいに思っていたのだが、全然違ってて
普通に面白かった。
レンタルとはいえ、この作品を100円で楽しめるとは、得した気分である。
見ておいて損はない一本。




amazonビデオでも100円でレンタル視聴可能。
アベンジャーズ新作への登場決定とのことなので、それまでに予習しておいた方が良いと思われる。

モアナと伝説の海 3D版ブルーレイ 2017年7月5日発売 [映画]

モアナと伝説の海 3D版ブルーレイ 2017年7月5日発売

映画公開からかなり早い発売に感じて調べてみたが、
映画が2017/3/10公開で、ソフトが2017/7/5発売なので、約4か月でのスピードソフト化だった。

気になって調べてみたところ、
ズートピアやベイマックスも、同じく映画公開から約4か月でBD発売だったので
そういうシステムなのかも。

モアナ~は映画館で観たいと思っていたのだが、
ネットで
「これは見た目に反して、ディズニー版マッドマックス 怒りのデスロードだ」
みたいな感想で盛り上がってるのを見て、
えーそうなのかよ・・・
と、普通にテンションダダ下がりで、観に行くのをやめた経緯があるのだが
アナ雪以降、すべて3D版BDを揃えているので、せっかくだからこちらもポチってみた。




例によって、3D版BDのセットは、ネット専売かつ数量限定だと思われるので
発売日に3D版を入手したい人はこちらを買うのが良いと思う。

現在、割引価格5,000円なので、ポイント考えるとヨドバシ.comと同額。
しかし、ヨドバシは5/18時点で、「発売日以降のお届け」となっているので
今買うなら「発売日前日にお届け」のamazon一択だろう。


モアナと伝説の海 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

モアナと伝説の海 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • メディア: Blu-ray


急がないのであれば、こちらを買っておけば、発売後に
公式サイトから、3D版のディスクのみ2,000円で買うことができる(はず)

映画 キングコング: 髑髏島の巨神 4DX 3D吹き替え版 感想 [映画]

最近4D仕様で観た
キャプテンアメリカシビルウォー、シンゴジラが連続でイマイチな感じで
結局映画は映像と音だろ、動きとか水とかどうでもよくない?
みたいな、4D全否定的な気持ちになりかけていた俺だったが
両方ともTOHOシネマズ川崎のMX4D仕様だったので、原点に帰る気持ちで、平和島の4DXで視聴。

久々の4DXだったが、座席の動きがかなりダイナミックで、
椅子から落ちかねないくらいの猛烈ムーブで
文句なしの迫力だった。

これは川崎で観た2作品ではなかったので
座席の仕様の違いだと思うが、もしかしたら、作品の違いによるものである可能性もあるかも。

また、匂い、風の演出も平和島の方が効果を感じる。
水は平和島はミスト、川崎は水が飛んでくるイメージ。
(川崎では3Dグラスに水がついてぬぐう必要がある)

というわけで、俺の結論として
平和島シネマサンシャインの4DX > 川崎TOHOシネマズのMX4D
となる。

ただ、前述のとおり、同作品での比較はしていないので
絶対とは言えないし、好みの差もあると思う。
川崎TOHOをディスるつもりはないが、
とりあえず、4D映画で、シートの動きのインパクトを求めるなら
平和島まで足を延ばしてみることをオススメしたい。


前置きが長くなったが、以下、ゴリラの感想。





アクションは迫力があり、量・質とも文句なし。
ゴリラもっと正義の味方かと思ったら予想外の大暴れで良かった。
劇中一番人間殺したのはゴリラ疑惑。
そして、ゴリラの必殺技・スクリューアッパーが良かったw
キャラの死に方が結構グロいのもアクセントになってて悪くなかった。
ストーリーパートも過不足なし。
良いゴリラVSゴリラ映画だった。

4D+3Dとなると字幕を追うのが大変なので、
吹き替え版を予約していたのだが、当日朝になって

主役:GACKT
ヒロイン:佐々木希

という情報を知り、緊張が走ったが
結論として、思ったより全然良かった。

GACKTはイメージ通りというか、完全にGACKTそのまま。
俳優(マイティーソーのロキ)の顔と声質は合ってないが、
寡黙なキャラには合っていたと思う。

ヒロインは上手くはないが、予想以上に頑張っていた。
芸能人吹き替えではマシな部類。
キングスレイヴFF15、キングオブエジプトと、連続で強烈な棒吹き替えを味わい
ハードルが下がっていた説である。
(今回もダメだったらタイトルに「キング」 + 吹き替え=地雷 という公式ができあがるところだったw)

その他キャストの演技もよく、楽しめた。

超HAMEX映画批評85点。
このノリであれば、ゴジラVSゴリラ(2020年)も期待できそう。


他の映画見たときに予告編を見て、
よし、今度はゴリラ観に行くか、と勢いだけで行った作品だったが
予想外に楽しめた。ぶっぱなしが成功したケースである。

この映画に関しては
IMAX等の映像美 < 4Dのハッタリ
なのは間違いないので、観るなら是非4D版をオススメしたい。
(もう公開終わりそうだけどw)

そして、平和島ageしておいてアレだが、
今回、メンテが悪かったのか、
可動のたびにキイキイ異音を出す座席があり、シリアスなシーンでは結構気になった。
帰り際に、一応従業員に話したところ、しっかりメモ取りながら聞いてくれてたので
きっと改善されているだろう。

シンゴジラ BD購入 [映画]

レンタルでいいかなー、と思っていたがなんとなく購入。

いくつかバリエーションが出ていて迷ったが、
メイキングやNG集の特典が入ったこちらの3枚組にした。





公開時にMX4D版で観たきりだが
思いのほか内容を覚えていて、
再視聴ならではの再発見、みたいな楽しみは無かったのだが
普通に面白く観られた。

特典映像も見ごたえがあり、3枚組にして良かった。
あと、早口だったり聞き取りづらかったりするセリフがあるので、
日本語版字幕の収録は嬉しかった。

残念だったのが、音声が3.1ch収録ということで
愛用のサラウンドヘッドホンの出番がなかった点。
もとの劇場版からの話なので、意図があっての事だとは思うが、
立体音響映えしそうなシーンが多い作品なので
できれば5.1chとかで観たかった。


シン・ゴジラ Blu-ray特別版3枚組

シン・ゴジラ Blu-ray特別版3枚組

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: Blu-ray


2枚組に付く特典映像はイマイチだったので
本編プラスアルファを求めるなら+1500円出してこちらが正解だと思う。
本編だけならレンタルで良いし。

映画 キングオブエジプト 吹き替え版 感想 [映画]

映画館で予告編を見て、よし、次はみんなでこれ観に行くぞー
と提案したところ、仲間内の同意を得られなかった作品。
すっかり存在を忘れていたが、レンタルで発見したので借りてきて観た。



例によって吹き替え版で視聴。
事前情報で、タレント吹き替えとの事だったので嫌な予感がしていたのだが
BDのセットアップメニューにまさかの別バージョン吹き替えを発見。

まあ、せっかくだから、と
ジャニーズタレント版で観始めたところ
主人公より、むしろヒロインの棒っぷりが気になって
これはダメだ、切り替えよう、と日本語音声2へ切り替えたところ
変わるのは主人公の声だけで、ヒロインはどちらも同じだったワナ。

最近観た、キングスレイヴFF15のヒロイン役忽那汐里を思わせる完全棒演技で
ヘタとは言わないんだけど、浮きまくっていて
結構キツかった。また出番も多い。

逆に、主人公役の玉森裕太氏はあまり気にならなかった。
(結局最後まで玉森バージョンで視聴)
タレントの吹き替えにしてはかなり良い線言ってるというか、
わざわざ別人のアフレコ版作るほど悪いもんじゃないと思う。
むしろ必要なのはヒロインの方の声優版である。
(と思わせる為の、ジャニーズタレントの身代わりとしての棒演技女子起用ならなかなか巧いw)

あと、もう一人の主人公・セト神の声優が中村悠一氏で、
これがコテコテのアニメ演技なので、一緒に喋る玉森氏が
落差で無駄に下手に聞こえるという
キャプテンアメリカ2の溝端順平状態はあった。
その他の声優も霞のジョー小山力也氏、沢城みゆき、中井和哉と
実力派揃いだったのだが、みんな演技が濃いので
(普段比較的ナチュラルなイメージのある中井氏も、かなり声作って演じてる)
アニメ見てたら二人だけ実写が混じってる、みたいな奇妙な感じになるw

その他、脇役でお笑いタレント等大量に起用していていたようだが
特別気になることはなかった。
が、スフィンクスだけはダメ。普通に覚めた。
結構盛り上がるシーンだったのに
どうせお笑い芸人あたりが面白くしようと余計な真似したんだろー、と思ったら
大砂嵐金崇郎というエジプト出身の力士だった。
こういうの。一体、誰が喜ぶんだろうか。


ストーリーは思ってたより、全然荒唐無稽のSFテイストで
予告ではその部分を出さなすぎというか、ハッキリ言えば隠しすぎ。
もっとまじめっぽい映画かと思ってたので、主人公の一人・セト神が
いきなり牙狼みたいなヒーロー姿に変身して戦いだしてびっくりしたw
空も飛ぶしビームも出すしで、
というかこれ、子供向け作品では、という域まで振り切れている。
最初は???と思っていたが、そこを理解したあとは普通に楽しく観られた。

自分は全然そういう作品も好きだし、面白かったので良かったものの
思ってた作品とあまりに違うから、と、拒絶反応示す人も多そう。
やはりあの予告のつくりは良くないと思う。

ストーリーは、若干シーンの脈絡が解りづらく、
話についていけないところもあったが
逆に言えばテンポが良く、展開がバラエティに富んでいて
観ていて飽きない作りと言える。

マーベル作品なんかと比べるとCGのクオリティは低く、
あからさまに、あ、ここCGだなと感じるシーンが多かったのは残念。

敵役(セト神)とトトの俳優が
どっかで観た気が、と思ってたら
エンド・オブ・ホワイトハウスの主人公と、
シビルウォーに出てきたブラックパンサーの役者だった。
比較的最近のお気に入り作品の主要キャラ2名だったので
ちょっと嬉しかったw

ゴチャゴチャした、子供向けヒーローものSFアクション映画、と思って見れば
十分楽しめると思う。
実際は違うけど、ゲームのアニメ化作品くらいに思って見ると丁度いい感じ。

序盤、作品のテイストについていけなかったのと
無駄にエロいシーンが多かったのもあり
観るのやめて、今amazonプライムで見てるロボット刑事の続き観ようかとすら思ったが
最終的には十分楽しめた。

超HAMEX映画批評80点。

序盤20点からの奇跡の盛り返しである。


吹き替え版予告。
この予告版だと主人公もひどい感じに聞こえるが
本編ではもうちょっとマシ。これは、予告用に事前に収録した説である。
(ちなみにヒロインはこのまんまのクオリティ)
あとCGのショボさも解ると思う。


キング・オブ・エジプト(2枚組) [Blu-ray]

キング・オブ・エジプト(2枚組) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ギャガ
  • メディア: Blu-ray






3D映えしそうな演出が多かったので3Dで観たかった気も。