So-net無料ブログ作成
検索選択

エアブラシのホースをスパイラル>ストレートに交換 [ガンプラ]

愛用のL7プラチナセットのエアブラシだが
どうも、付属のスパイラルホースが邪魔臭くて扱いづらいと感じていたので
こちらを購入してみた。





ヨドバシで発見。安かったのでぶっぱなし購入したのだが
いざ取り付けようとしたらジョイントが合わず使えなかった。


Mr.ジョイント3点セット (エアブラシ系アクセサリー) PS241

Mr.ジョイント3点セット (エアブラシ系アクセサリー) PS241

  • 出版社/メーカー: ジーエスアイ クレオス
  • メディア: おもちゃ&ホビー


で、こちらを用意することで使用可能になった。
ホース本体より高くつくワナであるw
(ホースのパッケージにも書いてあったので完全に自分の見落とし)


ちなみに、こちらが取り外した付属のスパイラルホース。
エアブラシホース.jpg

太くて取り回しの邪魔だし、結構重みがあるので無駄に手が疲れる。
測ってみたら、たかだか63gで、それで重いと文句を言うのもアレだが
チリも積もれば、というやつで。
ただ、わざわざこんな仕様にしてるくらいだから、利点はあるんだろうけど
イマイチ伝わってこない。
伸ばして使えるからコンプレッサーと放しても使えます、という点くらいしか思いつかないけど
その場合、バネみたいに戻ろうとして、つねに引っ張られそうだし。

交換したホースは、明らかに元のより径が細いし、
パワーが落ちたりするのかな、と若干不安だったのだが、
特に遜色ないように使えている。
各段に取り回しが楽になり、非常に快適。
さっさと買えばよかった。

エアブラシ塗装は、繊細な操作が必要であり、また長時間の作業となる場合があるので
快適に越したことはない。
金で買える快適なら、どんどん買うべきだと思う。


Mr.リニアコンプレッサー L7/プラチナブラシセット PS309

Mr.リニアコンプレッサー L7/プラチナブラシセット PS309

  • 出版社/メーカー: ジーエスアイ クレオス
  • メディア: おもちゃ&ホビー


つっても、本体価格に比べれば誤差みたいな値段なので
自分のようにスパイラルホースに不便を感じる人は、試してみる価値はあると思う。

フィギュアライズバスト ラブライブ!サンシャイン!! 高海千歌 顔面パーツ [ガンプラ]

パーツ成型をしつつ、塗るか塗るまいか、とグダグダ悩んでいるのだが
肌色を塗りたくない理由がこれ

01.jpg

顔面パーツにまつげと眉毛が一体成型されているせいで
肌色の塗装=まつげ&眉毛フリーハンド描画
が必須となり、そのためハードルが上がってしまうのである。
ここがパーツ分かれててくれれば気軽に塗れるのに残念。

前のキット(ビルドファイターズのフミナ先輩)なんかは
目玉の方にまつげが一体化されており、眉毛も別パーツなので
塗装派にやさしい設計になっていて、こっちもこの仕様だったらなー、と思う。
ということだ多分塗らずに簡単フィニッシュ送り。

03.jpg
別角度から。

この写真でもちょっとわかると思うが、
目じりあたりは肌色のプラが薄く、下の黒いプラの層が若干透けてしまっている。
本気で取り組むならやはり塗装はすべきだろう。


おまけ
02.jpg
説明書のイラストが、目玉からサイコキネシス放ってる図のようで怖い。







フィギュアライズバスト ラブライブ!サンシャイン!! 渡辺曜 色分け済みプラモデル

フィギュアライズバスト ラブライブ!サンシャイン!! 渡辺曜 色分け済みプラモデル

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー


フィギュアライズバスト ラブライブ!サンシャイン!! 高海千歌 購入 [ガンプラ]

アニメは全然見ていないので、本来購入する要素ゼロなのだが、
いきなり買ってフル塗装でキッチリ仕上げて
ラブライバーであり、萌え豚である友人・メダパに見せびらかしてドヤろう、
という目論見で購入したのだが、箱を開けてパーツ構成を見て断念。
目の枠の黒いラインと眉毛描くのムリ。

メダパに
おう、ラブライブのプラモ買ったよ、僕
とネタバラシして、サプライズでまじめに作る計画 ~完~である。

このシリーズを買うのは初めてなのだが
瞳のレイヤードインジェクションというのが売りらしいので
楽しみにしていたのだが、ちょっと思ってたのと違った。

ラブライブプラモ眼球.jpg

自分で組み立てる多層成型であれば、パーツ単位で塗装で色変えたりできるのかな、と思っていたのだが
初めからこの形で完成している。

これなら、塗装済みキットと変わらないし、
もっと言えば、どうせ平面ならシールで十分では、と思ってしまうのだがどうだろうか。
バンダイの技術のひけらかしというか、目的と手段が入れ替わってしまっているような気がする。
シール一枚つけるよりレイヤードインジェクションしたほうが
コストが安い、とかなら解るけど、さすがにそんな事ないよなー

と思っていたら、瞳のパーツの一部にクリアパーツを使っているとのころで
それなら意味があるかも。

http://hobby.dengeki.com/reviews/327269/
特集ページ。

ただ、現物を見るとクリア感はあまり感じられず、
これならシールでいいから、ラブライブ絵で特徴的な、
瞳のハイライトのエアブラシ表現を再現してくれたほうが
結果的に絵に似たような。

キットは息抜きに適当に作る予定だが
上記の、瞳のハイライトだけでもトライしてみるかなー、と思っている。




自分が買ったのがこれ。
2体出ててどっちがヒロインか分からなかったので
ヨドバシの売り場でスマホでwiki見て調べた。


フィギュアライズバスト ラブライブ!サンシャイン!! 渡辺曜 色分け済みプラモデル

フィギュアライズバスト ラブライブ!サンシャイン!! 渡辺曜 色分け済みプラモデル

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー


もう一体。
メダパはこれを買って作るべきである。

フィギュアライズスタンダード ドラゴンボール 超サイヤ人2 孫悟飯 購入 [ガンプラ]

川崎ヨドバシで特価で売ってたので思わず購入。

gohan.jpg

孫悟飯が1,600円、セルが2,000円で売っていた。
安さにつられて、買う予定の無かった孫悟飯を買ってしまったが
家帰ってamazon見たらそっちの方が安かったっていう…




とはいえ、ヨドバシのポイント考えればほぼ同額。
フリーザ以上に思い入れのないキャラなので
パパっと作ってセルの引き立て役になってもらう予定。




購入済みのセル。
フリーザ同様、手抜きのスピードモデリングで、と考えていたが
作ってるうちに楽しくなってきて
省略されてる握り手のモールド彫ったり、目玉埋めたり、全塗装したり、と
結局普通に手間かけて作っている。
ほぼ塗装まで終わってるんだけど、関節部分のスミ入れが面倒でちょっと停滞中。
目玉のパーツ分けが気に食わないから、と埋めてしまったため
目玉を手描きしなければいけないのが最大のハードルw
なんとか、年内完成を目標としたい。

カンペキ塗装ガイド3 エアブラシ完全攻略 購入 [ガンプラ]

amazonのオススメメールが来たので
普段はスルーするところだがチェックしてみた。


カンペキ塗装ガイド〈3〉エアブラシ完全攻略 (電撃ホビーマガジンHOW TOシリーズ)

カンペキ塗装ガイド〈3〉エアブラシ完全攻略 (電撃ホビーマガジンHOW TOシリーズ)



カンペキ塗装ガイド3 エアブラシ完全攻略

これのシリーズである、カンペキ塗装ガイドDXというのを持っていて、結構愛読していたのだが
amazonレビューを見ると、この3はエアブラシの専門編のようなのでポチってみた。

DXとはページの開きが逆で、いきなり面食らった。
というか、そもそも著者も別人で、(DXは越智プロ)
シリーズの意味を感じないというかw
同じタイトルで出すなら、せめて本の体裁は統一してほしかった。

内容は、レビューで言われるほど高踏的ではなく
普通に感じた。

こんな塗面で満足しているようではダメだ

みたいなキッツいの期待してたんだけどw

一冊丸々エアブラシの指南で
思ってたより薄く(全98P)、これで2,000円か、と思わなくもないが
写真多めで、解りやすくて良かった。
後半の重ね塗りあたりは
(著者曰く ”現在の高級テクニック”)高度すぎて全然ついていけなかったので
読み込んで実践して、身につけたいところ。

エアブラシ使うモチベーション激ageで、それだけでもう買った意義があったと言える。

カンペキ塗装ガイドDXもそうだが、模型ハウトゥ、塗装ハウトゥ本だと
どうしてもエアブラシについては数ページでの駆け足解説なので、
一冊じっくりエアブラシについて、という本は貴重だと思う。

一点気になったのが

yubi.jpg

こちらの写真の説明文。解りづらいが、たぶん本来
「親指と中指の間に~」
となるべきところだと思う。
ハウトゥ系でこういう単純なミスやられると、どうしても他も全部大丈夫か?と不安に思えてくるので
チェックは厳しめにお願いしたい。



カンペキ塗装ガイド〈3〉エアブラシ完全攻略 (電撃ホビーマガジンHOW TOシリーズ)

カンペキ塗装ガイド〈3〉エアブラシ完全攻略 (電撃ホビーマガジンHOW TOシリーズ)

  • 作者: 鋭之介初代日野
  • 出版社/メーカー: アスキーメディアワークス
  • 発売日: 2008/08
  • メディア: 大型本


ちなみに、自分の買ったのが2015年7月発行の第11版。
こんなに重版してるのに誤植が残ってるのか、と驚いた。


カンペキ塗装ガイドDX (電撃ホビーマガジンHOW TOシリーズ)

カンペキ塗装ガイドDX (電撃ホビーマガジンHOW TOシリーズ)

  • 作者: 越智 信善
  • 出版社/メーカー: アスキーメディアワークス
  • 発売日: 2010/08
  • メディア: 大型本


前から持ってたDX。
これも良い本だった。

ハイキューパーツ ペインティングベース2購入 [ガンプラ]





現在、平らなやつを2つ使っているのだが、単純にスペース不足だったのでもう一個追加を、と思ったら
ヨドバシでこちらを発見。面白そうなので購入してみた。
斜めカットのアイデア商品。

早速使ってみたが、斜め構造の恩恵もあるが
単純に今までのより差し込めるスペースが広く、たくさん挿せるので非常に良い感じ。

模型趣味は、ちょっとの効率UPがモチベーションUPにつながるので
便利そうな新アイテムは、どんどん試してみようと思っている。


サテライトツールス ペイントベース (ペグ6種類、16本入り)

サテライトツールス ペイントベース (ペグ6種類、16本入り)

  • 出版社/メーカー: 月世
  • メディア: おもちゃ&ホビー


今まで使ってたやつ。
便利だけど、挿せる量が少なく、一気に大量パーツを塗装するのには向いていない。
棒がついてくるのは嬉しい。



Gツール GT90 ネコの手持ち手棒 (36本入り)

Gツール GT90 ネコの手持ち手棒 (36本入り)

  • 出版社/メーカー: GSIクレオス
  • メディア: おもちゃ&ホビー


持ち手。
以前は、割りばしに両面テープで数パーツ貼り付けて、まとめて一気に塗装、とかやってたけど
どうしても塗り漏れが出るので、ワンパーツずつ持ち手に付けて塗った方が結局早い、というのが俺の結論。
なので、持ち手と挿す台は多ければ多いほど良い。
ただ、缶スプレーだと一個ずつは効率悪いかも。

フィギュアライズスタンダード ドラゴンボール フリーザ プラモデル 完成写真 [ガンプラ]





DBにそんな強い思い入れはないのだが、プラモデル新ブランド応援の意味で購入した。

成型色にコピックで適当にシャドウいれて
適当に作って動かして遊ぶ、という
はなから「まじめにやらない決意」のもと購入したのだが
箱を開けたら白の成型色があまりに青く、イメージが違ったのでしぶしぶ塗装した。

完成写真

03.jpg
上半身アップ。
顔は白目・黒目・唇が別パーツになっている。
白目と黒目は思ったほどピシっとはまらず、段差ができるのだが
普通に見る分には特に気にならなかった。

04.jpg
アングルから。

02.jpg
全身
全長13cm程度。

工作はゲート跡を軽く処理したくらいで
合わせ目もそのまま。
一応隙間ができないように流し込みの接着剤で接着はした。
白はベースホワイトを軽めにかけ、成型色の水色が暗色として残るようにした。
なので、真っ白にはなってない。
艶消しクリアでコーティング後、凹個所にNEOPIKO-2マーカーの
Y573(グレー)でシャドウを描いて、コピックの消しペンでぼかしている。
(コピックが高かったので安いので代用した)

青部分は、
黒サーフェイサー>光沢クリア>ガイアのEXシルバー>クリアブルー+クリアレッドの自家製クリアパープル>光沢クリア
という一手間かけた仕上げ。
テカテカにできたので、苦労した分の効果はあると思う。
ここまでやっておいて、最後の方でクリアパープルが足りなくなってしまうという、初歩的ミスを犯し
慌てて目分量で調合したが、一部パーツで色が変わってしまった。
色を調合するときは多めに、という教訓を得た俺である。

05.jpg
後ろ姿。
しっぽが想像以上にでかく、圧を感じる。
スタンド無しで自立するので何気に助かるw

06.jpg
この爪は塗装が必要。
エナメル塗料でちゃちゃっと塗ったが、塗装初心者には難しいかも。
丁度良い色がなかったので、パープル+黒を適当に調色した。
爪は、厳密なモールド化されてないので、ある程度センスが問われる。
特に握りこぶしの親指は完全にノーモールド。

09.jpg
足の爪はシールが付属するが、どうせなら手のついでに塗装した方が良い。
手よりは爪がでかいので塗りやすいと思う。

07.jpg
平手装着。
でかい気弾を受け止めるイメージのポーズ。

12.jpg
通称ゲス顔。
表情は、余裕の笑みとゲス笑いの2種、という謎のチョイス。

16.jpg

17.jpg

18.jpg

14.jpg
足もよく動く。

15.jpg

01.jpg
本来はデスボール発射用の手首だが、使い勝手がいい。
左手用も欲しかった。

19.jpg
エフェクトパーツ。
エフェクト用のスタンド付属が嬉しいですねッ(うれしぃーーッ)

20.jpg
デスボール。こちらもスタンドが良い。

10.jpg
(サッ)
お前は孫悟空で!

11.jpg
俺はフリーザだ!

08.jpg
お前はオレに殺されるべきなんだーーーーっ!!!!!

※誰か孫悟空で「バカヤローッ!」
の写真お願いします

13.jpg
フリーザーっぽいポーズ。

合わせ目なんかはロクに消してないので目立ってしまっているが
手抜き仕上げにしては見栄えもよく、なかなかに満足度高め。
ポーズつけて遊ぶのも楽しい。

簡単に作れてこの出来、しかもアクションも決まる。
プラモならではの可動部分の処理はあるが、実物はあまり気にならないと思う。
文句なしの良キット。オススメ


フィギュアライズスタンダード ドラゴンボール フリーザ (最終形態) プラモデル

フィギュアライズスタンダード ドラゴンボール フリーザ (最終形態) プラモデル

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー


商品パッケージのイラストがプラモデル基準(関節分割とか)なのだが
プラモ化でやむを得ずこういう処理にしたわけではなく、こういう新デザインのフリーザなんですよ、みたいな
ちょっとした後ろ向きさを感じなくもない。
看板に偽りなし、と言えなくもないが…

あと、このクオリティでキン肉マンのプラモ出してくれないかなー、と
夢見ずにはいられない俺である。
サンシャインとかプラモ映えしそう。

キャッスルクラフトコレクション シンデレラ城 開封の儀 [ガンプラ]

無事届いたので開封の儀&感想。

01.jpg
パッケージ。
今までと同サイズ。

02.jpg
03.jpg
ランナー。
ほぼ全部クリアパーツだったアナ雪の城、
メタリック風成型色のリトルマーメイド城と違い普通のプラの色メイン。
落差から、ケレン味不足感がある。
パーツ的にも、今までにない四角ばったものが多く、若干武骨な印象があり
おもちゃよりもプラモ、といった印象。
ライトユニットはどうせ完成したら見えなくなるのに謎の黄色成型。

05.jpg
青はメタリック風ブルーの成型色。
写真だと白もメタリック入ってるのかな、と思ったが
ごく普通のライトグレーだった。

そして、完成見本を見て、塗装必須なのか
はたまたシール処理なのか不思議だった、
入口脇の左右、水色の格子模様個所だが、

06.jpg

まさかのクリアパーツ処理。
なぜにクリア?と思ってよく見ると

04.jpg
解りづらいが、表面は面一(格子のラインのモールドはあり)だが、裏面が
格子のパターンで凹モールドになっている。
これにより、クリアパーツの厚みの差で、透ける下地の色が変わってきて
格子のパターンを再現、という仕組みっぽい。

07.jpg
ベースのパーツにはめてみたところ。

残念ながら、格子の色の濃淡はほとんど認識できないレベル。
面白い発想だったけどうまく機能していないと思われる。
もうちょっと凹モールドが深ければ狙った効果が出たのかも。
ただ、凹モールドが格子のパターンで彫刻されているので、例えば
裏面に青のエナメル塗料流してふき取るとかで、比較的簡単に格子の再現が可能だと思われる。

ただ、ほかの青個所に比べて、いきなりここだけクリアパーツってのも違和感あるので
(ステンドグラスをイメージしてるってわけでもないだろうし)
自分としては、もう全部塗って、格子はマスキングで、
というストロングスタイルを覚悟している。
相当面倒くさそうだが…

面倒といえば、時計盤はシールが付属しているのだが
ちゃんと刻印もされていて、ここは頑張って塗りたいところ。
が、時計盤のシールが5枚も付属しており、なぜ?と思ったら
よくみると時計塔4面全部に時計がついていて、ゲエ、これ全部塗るのか、と
怖気づいているところであるw

刻印が凸モールドなので、
もしかしたら以前使ったテクニックで、意外と簡単に塗れるのでは、というアテはあるので
試してみようと思う。

あと、塔がことごとくモナカ割りで、
これは結構目立っちゃいそう。
アリエルの城も塔がモナカだったが、彫刻のおかげで
丁度モールド処理っぽく見えるからいいやと、そのまま組んだが
今回は逆にモールドがまたがっているのが災いし、
単純に接着>消しとはいかなそうで悩ましいところ。
こだわる人は腕の見せ所だろう。

自分は、全塗装+時計盤頑張りました、くらいの感じで
サクっと作ろうと思う。




夏バテしたモデラーの創作意欲を掻き立てる良いシリーズ。

アルティメットニッパー在庫あり [ガンプラ]

http://shop.godhandtool.com/shopdetail/000000001029/

ふと気になってゴッドハンドのHPを見たら
アルティメットニッパーが在庫ありだった。

入手困難の激レアアイテムだと思っていたが、普通に売ってる。
増産体制が整ったのだろうか。

値段は高いが(というかこんな高かったっけ?w)
確かな切れ味で、模型製作の心強い味方になるだろう。
面白いようにスパスパ切れるので、
ランナーからパーツ切り出すの('A`)マンドクセ、みたいな模型倦怠期にも効くはず。
オススメ

田宮 ホンダ フィット プラモデル購入(予定) [ガンプラ]

メダパが車を買い換えたので
せっかくだから、記念にその車のプラモでも作ってやろうかと思っている。
(偉そう)




こちらのキット。
レビューを見ると、エンジンノー再現という、カーモデルとしては割りきった作りっぽい。
せっかく前回、メダパにエンジン見せてもらったのにw
そして

プラモ完成>メダパ事故>フィット廃車

車の事は残念だったな。けどお前にはこのプラモがあるじゃないか!

みたいな神展開に期待しつつ、
久々の車のプラモに闘志を燃やす俺である
…と思ったが、5年前くらいにバイクこそ作ったものの、真面目な車のプラモって
人生初かもしれない。
そう思うと、俄然楽しみになってきた。