So-net無料ブログ作成

映画 アサシンクリード 感想 [映画]

IMAX3Dで視聴。




最近のマイブームでT・ジョイPRINCE品川で観てきた。
スクリーンの大きさが、同じIMAXの川崎109をはるかに凌駕していて
画質・音質ともに文句なし。
湾曲スクリーンのおかげで、センターを外れた席でも観やすいのが良い。

今回、公開初週の日曜日、しかも一日一回限りの上映にかかわらず
かなり空席が目立っていた。
1/10くらいしか埋まってなかったように思う。
時間が早かったのはあるが(11:20開始)
TVCMのワリに人気今一つ、といった印象。

原作となるゲームは未プレイ、事前知識ほぼなしでの視聴。
そのため、ストーリーがイマイチ解らず
ゲームプレイ済みのメダパの解説が必要なシーンが結構あった。
最後らへんまで、普通に現代の世界観かと思って観てたんだけど違ったw

全体的に暗めのトーンで、終わり方も、後味イマイチ。
エンドロールの後は劇場静まり帰ってて、
爽快アクション映画ですっきりして劇場を後に、とはいかなかった感じである。

映像は非常にきれいで、3Dとの相性も良かった。
鷹が飛ぶシーンや、高所からの落下シーンが大迫力だった。
どうせ見るなら、ぜひ3Dで観てほしい。

アクションも華麗で、量・質ともに満足。
パルクールアクション、殺戮バトルともに非常に良かった。
アサシンというが暗殺的なシーンはなく、普通に大っぴらに格闘してたw
ケレン味とリアル感のバランスが良かった。
ただ、中盤のチェイスシーンはカメラワークが早く、
3Dだと目が疲れてしまった。
ここは、ソフト版でじっくり見返してみたいと思える出来の良さだった。

物語の核となる、
「エデンの果実」を手に入れるとどうなるのか分からないまま話が進み
(遺伝子解析とかで、人の思考を奪えるウイルスを作れるとか?)
結局最後までよくわからないままだった。
あと、大昔に隠した場所が解ったからって現在もそこにあるという保証は?
など、疑問があったのだが
そこらへんはゲームだし、ファンタジーと割り切るべきだろうか。

ストーリー的にはちょっとノリきれなかったのだが
前述のとおり、終盤までストーリーを誤解して観ていたので
大筋が解った、今の状態でもう一度観たら印象違ってくるかもしれない。

超HAMEX映画批評70点。

映像の良さで面白さブーストしているので
IMAX・3Dでなかったらもうちょっと落ちると思う。
解りやすいエンタメアクション映画、ではないので
そういうの期待して観ると、厳しい評価になりそう。


アサシン クリード エツィオ コレクション 【CEROレーティング「Z」】

アサシン クリード エツィオ コレクション 【CEROレーティング「Z」】

  • 出版社/メーカー: ユービーアイソフト株式会社
  • メディア: Video Game


ちょっとゲームも買ってみるか、と思ったが
かなりシリーズが出ていて、今更気軽に手出しできない感じ。
一応適当に見た感じでは、このリマスター版みたいなのが面白そうだが…
(2015年末発売の最新作シンジケートはプレミア価格になってた)