So-net無料ブログ作成
検索選択

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ MX4D 感想 [映画]



公開初日&朝一の回で、MX4D版かつ吹き替え版という気合の入った環境で視聴。
日本ではあまりプッシュされていないキャプテンアメリカ枠なので
客の入りどうなのかと思ったが、
4Dのため、狭めの部屋だったが、完全に満席、満員御礼だった。
今回、若い客が多かった気がする。

今まで、4D視聴は、平和島のシネマサンシャインという映画館で、4DXというのを視聴したのだが、
今回は川崎のTOHOシネマズのMX4Dをチョイス。

座席可動、ストロボフラッシュ、ミスト、香り演出、
首元エアー、足元エアー、座席背面ボコボコ、スモーク
基本的には同じ仕様に感じたが、
平和島にあった、部屋全体に風を吹かせる装置はなさそうだった。
(代わりに首元から風が出てたような)

シートは、明らかに平和島の方がでかかった。
代わりに、スクリーンは川崎の方が良いのか、平和島で感じた
3D時のスクリーンの光量不足は気にならなかった。
3Dメガネの感じが違ったので、3D上映の方式の違いのせいかもしれない。
ちなみに、メガネは平和島のは貸出式でこちらは買い切り式。
サイズ小さめ&軽量で、自分のようなメガネon3Dメガネの場合
川崎TOHOシネマズのほうが断然楽だった。

そして今回、バットマンVSスーパーマンに比べて、シートの動作が控えめに感じた。
シアターの違い起因なのか、作品のせいなのか解らないが
体感として、シートアクションに関しては
平和島のバットマン>>平和島のイニシャルD>>>>川崎シビルウォー
という感じ。
ミストの水感も控えめだったように感じたので、
全体的に、体感要素のハッタリとしては平和島の方が優っているように感じる。

ただ、先に書いたが、あくまで別作品での比較であり、
もともとの動作設定起因かもしれない。
あと、ここ最近何本か4D作品観たので、飽きたというか、体が慣れてしまった説もある。

現状として、同じ値段出すなら平和島の方が良いかな、と思うが
あちらは最寄り駅から遠く、アクセスの悪さがネックというか。


以下、ネタバレ含む映画の感想。






キャプテン・アメリカ、のタイトルだが、
ヒーロー大集合で、実質アベンジャーズ2.5といった作り。
むしろ、スパイダーマンやらアントマン、ブラックパンサーの登場で
アベンジャーズより豪華なくらい。

実際、中盤までは非常にゴージャスで、
完全にアベンチャーズ観てる感覚。
ただ、ラストバトルはガチでアイアンマンVSキャプテンアメリカで
てっきり、バットマンVS的に、
途中で悪役乱入で協力して大勝利、ヒーロー対決は有耶無耶になるのでは、
と思わせておいて
こちらは、悪役不在で完全決着。
普通に驚いた。

映画の構造的に仕方ないが、予告でも目玉扱いであり、
本作で一番盛り上がるヒーローチーム全員激突のシーンが
映画の中盤にあり、そこは文句なしに良かったのだが
(有名作品のパロディーもタイムリーで良かった)
そのため、その後のシーンが尻すぼみというか、終盤のションボリ感が結構強く
視聴後の感覚はイマイチスカっとしなかった。

が、2時間27分の超長丁場だったが、あっという間に感じた。
むしろ、2時間半みてなお、もっと続きが見たい、と思わされたくらい。

ドラマパートでグダりかねないストーリーだったが
程よいバランスで良かった。
アクションでは、ブラックウィドウとブラックパンサーの格闘アクションが特に良かった。
ブラックウイドウは、今までそんな格闘してるイメージがなかったので
あんな動ける人でしたっけ、みたいなw

アクション・ドラマとも各キャラ魅力的に描かれていて、
アベンジャーズシリーズのファンならきっと楽しめる作品。

笑いあり、シリアスあり、アクションありで
非常に楽しめた。

超HAMEX映画批評90点。

吹き替え版での視聴だったが、メイン2名がちゃんとした声優なので
安心して観ていられた。
今回、キャラの揺れる心境、みたいな描写が多かったが、
肉声から感情を察しやすくて、ストーリーが素直に頭に入ってきて良かった。
新スパイダーマンもキャラのイメージ通りの良い声だった。


そして、視聴に当たり、キャプテンアメリカ1&2は是非予習しておきたい。







TVも、どうせ公開に合せて放送するなら、スパイダーマンじゃなくてこっちやってくれれば良いのに。

最近のストV vsRミカ & vsアレックス [ゲーム]

しばらくLP2000~2500前後で伸び悩んでいたと思ったら
なぜか妙に調子よく勝ってLP3500を更新。
こういう事書くと、だいたいすぐ負けこんでガッツリ落とすワケだが、それもまた良しと思う。
明確に○○ができるようになったから勝ててる、というような実感がないので
ただ運で勝って上がってるような感じ。
そんな、どうせ見せかけのLPなので落として悔いなしというか。



VSレインボーミカ。
得意なカードではないが、なんとか勝利。
1R目、ボコボコにされつつ心眼に活路を見出し
2R目は、その心眼からの暴れ真空が運良くヒット。心眼からの確定ヒットではないが
心眼成功により相手のペースを乱したからこそのヒット、ということにしたい。

VSアレックス

3月末の追加キャラ。ランクマッチでの対戦は激レアである。
これは、フンガン老に、アレックス追加されたら、本キャラアレックスに変える、と宣言したが
あまりの使いづらさに、宣言を反故にしてリュウでプレイしている裏切り者の俺への
天からの刺客であろう。
1R目は一方的なボコボコ試合からの粘りのプレイで逆転ムード、
が、ダメ!
最後、 中P>アッパー ヒットから波動拳なんて日和った事してしまったが
Vトリガー発動>大K>小K>昇竜拳>電刃波動
のコンボで勝てる試合だった。
あそこで最大コンボ出せなきゃそりゃ勝てないわ、という自分の未熟さを痛感。
一応、波動SC真空を狙ってた気がするが、ゲージの目測を誤りまくりである。
2R目は相手のお株を奪う(?)波動昇龍拳が面白いように炸裂。
相手も熱くなってた説である。
最後は相手のクセを読んで心眼から華麗に勝利。
が、必要の無い心眼であり、心の贅肉(アヴ)だった。遊んでる場合じゃない、と反省。
3R目はリードから飛びを通されて一気にピヨリーチの逆転ムードで、かなり危うい感じだったが
ゲージに助けられた形に。
ギリギリの試合でシビれた。


明日はガイルが追加との事。
ランクマッチ的には、アレックスは空気だったが、今度のガイルは人気ありそうなので
当たるのではないだろうか。
楽しみな反面、ウル4でも屈指の苦手キャラだったので
ボコボコにされるのでは、という恐怖があるw

キャッスルクラフトコレクション リトルマーメイド 購入 [ガンプラ]

本日amazonより届いた。


01.jpg
パッケージ
前のアナ雪の城と同サイズだと思う。


02.jpg
厚みのある箱。


03.jpg
ランナー
タッチゲートが繊細で、袋から出しただけで
幾つかゲートが取れたw


04.jpg
05.jpg
成形色の参考に。
やはりプラスチックメタリックというか、
テカった黄土色的な色。
全部クリアパーツだったアナ雪の城と比べると
どうしても安っぽく見える。
塗るにしても、色のチョイスなど、センスが問われそう。


台座はクリアーで、本体がソリッドカラー、という
アナ雪とは逆の構成。
外箱には書いてないが、アナ雪同様ライトアップユニットを設置できる。
今回はユニットは付属しないので、発光させる場合、別売りで用意する必要がある。
台座が光るだけなのか、
上手いこと採光して、城の内部の光が漏れて素敵な感じになるのか、
まだ組みた建てないので解らないが
素敵に光るなら、パッケージとか公式サイトに書くだろうから
クリアパーツの台座がなんとなく光るだけ、というレベルかと思われる。
アナ雪の発光ユニットがあるので、完成したら試してみたい。




アナ雪の城同様に、一週間くらいでサクっと完成させたい。
水中風の展示とか素敵では、と考えたが
調べたら結構難しそうなのでやめた。


キャッスルクラフトコレクション ディズニー アナと雪の女王 プラモデル

キャッスルクラフトコレクション ディズニー アナと雪の女王 プラモデル

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー


比べると、こちらが定価で700円高かった。
LEDユニット代とクリアパーツ代の差という事だろうか。
クリアー成形で、なおかつ光る、というケレン味がある分
こちらのキットの方が魅力的に感じてしまうが
シリーズ一発目で一番良いのを持ってくる、という作戦だと思われる。
次に控えてるシンデレラ城は何らかの新ギミックの搭載に期待したい。

ウメハラ Fighting Gamers! 4巻購入 [漫画]

昨日、無事amazonから届いた。
書店発売日が4/26なので、4日前フラゲ。
そんな、我先に読みたいタイトルでもないが、得した気分である。

今回の巻は対戦メインで、面白かったけど
少しテンポが悪く感じた。
初期のオオヌキ編あたりと比べると明らかに遅いような。

あと、26話での、クラハシとオケ屋のモノローグ合戦?のシーンで

        へんか
なんもかんも変化ってんだろうが

のところは、本来

かわ
変化ってんだろうが

とでもルビを振る箇所だったのでは、と思うがどうだろうか。
自分の知らない、格ゲーネタ的なものだったらアレだけど。

リュウはキン肉マン.jpg
そして、4巻で一番のお気に入りシーン。
言葉の意味はよく解らんが、とにかく
俺がリュウを使いたがるのもキン肉マンだったから、という事で
合点がいった。



ウメハラ  FIGHTING GAMERS! (4) (カドカワコミックス・エース)

ウメハラ FIGHTING GAMERS! (4) (カドカワコミックス・エース)



読み終わった後、ストVのランクマでいつもより大足振りまくったw

キラヤマト&アスラン プラモデル発売 [ガンプラ]

新技術「レイヤードインジェクション」採用の新プラモデルシリーズ「フィギュアライズバスト」6/25発売決定!
http://www.gundam.info/topic/15419

面白いw
技術力の無駄遣い感が良い。

顔が似てない気がするが、顔面だけのパーツだと結構良い線いってるように見える。
髪型がマズい説である。特にキラ。

・・・と思って、改めてキラヤマトで画像検索して見たが、髪型全然違うし、
顔も別に似てない気がしてきたw

胸像というのも半端な気がするし、
ガンプラと合せて飾ってもあんまり格好良くないのがワナというか・・・

あとこれ、サイズも実は結構小さいのではないだろうか。
スタンドに乗ってるガンダムはRGだと思うが
そこから考えるとフィギュアは全長5~6cmくらい?
これで1,200円はちょっと割高に感じなくもない。

が、実売は1000円以下だろうし、なかなか面白い試みだとは思う。
ガチ塗装するのも面白そう。
ドモンカッシュとマスターアジアが出たら黙って買うので
(出来が気に入らなかったら金色に塗る)
シリーズ継続に期待である。

機動武闘伝Gガンダム BD化 [アニメ]

http://p-bandai.jp/item/item-1000103995/

GガンダムHDリマスターでブルーレイ化決定。
これは嬉しいですねン。

ただ、やはりvol.1 + 2で7万円OVERは、高すぎておいそれと手を出せないし
どうせ買っても1回見て満足しちゃうのでは、という予感がある。



PVを見る感じ、映像はかなり綺麗っぽいが
元の作画自体が安定してないというか、もともと作画が美麗なアニメってわけでもないので
高画質版=即買い、みたいな気になれないところも。
0083なんかは恩恵感じやすいと思う。

ただ、Gガンは、ガンダムシリーズで一番好きな作品であり
もしかしたら、アニメで一番ハマった作品かもしれないので
感謝の気持ちで7万円、ズバっと出しても良いかなと思っている。

余談だが、公式サイトにある大河原邦男先生の描きおろし収納BOXの絵で
シャイニングガンダムのビームサーベルが間違っている。
(本来右の腰アーマーにはサーベルマウントなし)
シャイニングガンダムver.2016と言うことにして、プラモで再現しても面白いかもしれない。


機動武闘伝Gガンダム 石破天驚 Blu-ray Box 第壱巻

機動武闘伝Gガンダム 石破天驚 Blu-ray Box 第壱巻



期間限定生産という辺り、こちらの冷静な判断力を奪う高度な戦術を感じなくもないが
まだ締め切りまで間があるだろうから、真剣に考えてみようと思う。
3年くらい前に、DVDで全話通してガチ再視聴してるのがワナというかw
「もしあの時、レンタル版DVDとTSUTAYAで出会わなんだら・・・!」
の、今際の際のマスターアジア状態。


機動武闘伝Gガンダム 石破天驚 Blu-ray Box 第弐巻

機動武闘伝Gガンダム 石破天驚 Blu-ray Box 第弐巻

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: Blu-ray


amazon価格ならセットで6万以下。
これなら買ってもいいかも、という気にさせられるマジック

デアデビル超聴能力テスト

http://www.hypersense.jp/?dcnid=186801&dcsid=2209369&dcpid=130450669&dcaid=303268122&dccid=69906766&mqso=90444008

こんなのを発見した。
普通のヘッドホンで、擬似立体音響を聞いてテストする、というもの。
ヘッドホン装備で挑戦してみたが
家の環境だと、さんざんやった後、必ず最後のテスト6でフリーズするワナ。

全体的にロードが遅く、動作も不安定で
昔のインターネットの、ムダに凝った公式サイトのゲーム的なヤツを遊んでるような
懐かしい気分になれるよ

正直、音の前後位相に関しては勘というか
シャカシャカ系の継続的な音のやつは上下まで普通にわかったが、
声や、足音のは前後はあまり解らなかった。
左右は流石にわかるので、前・後の2択を勘で取る、みたいなw
あと、コインのやつは、んなもん解るわきゃーねーだろ!という内容だったw

テスト結果は2回プレイして、
どちらも最終テスト(迫る声の位置を当てろ、というやつ)の途中で
音が出なくなり、そのままタイムアップでフリーズ、という状態で
2000点と1900点だった。

これが良い点数なのかは解らないが、
意外と面白かったので(止まるのはhmmだが)
興味のある人は挑戦してみてほしい。


こちらの動画は、かなりそれっぽく聞こえる。
開幕のドア開閉音で毎回ビビるw

ウメハラ 4巻発売日を勘違いしたんじゃないか問題 [漫画]

自分で調べてblogに

ウメハラ4巻は 2016/4/21発売

と書いていた俺なので、本日(4/20)、フラゲできるかなぁ~ン?と
ヨドバシに寄ったが発見できなかった。

おかしいな、と思い、その場でスマホで発売日を検索すると
ウメハラ4巻は4/26発売
という検索結果。
勘違いしてたかな、と思いながら自分のblogを見返すと
4/21発売 とバッチリ記載されている。
ガセ情報発信状態に焦ったものの、リンク先のamazonで確認すると


ウメハラ  FIGHTING GAMERS! (4) (カドカワコミックス・エース)

ウメハラ FIGHTING GAMERS! (4) (カドカワコミックス・エース)



やはり4/21発売となっている。

たしか、前の3巻でも、amazonの発売日が早く設定されていて
amazonで発売中なのを発見して、慌ててポチったのを覚えているが
今回もamazon先行販売なのだろうか。特にそういう記載はないようなのだが・・・

慌ててポチろうとしたが、無情の

お届け予定日: 2016年4月22日 - 2016年4月25日

の表示。
明日読みたかったが、それでも書店販売より早いから良いか、と思ったものの
これは所謂KONOZAMAモードで、発売日(明日)注文すると

本日中にお届け

が使えるパターンでは、という可能性に思い至り、明日改めてポチる予定。
今日は3巻を読んで予習しておく。

ザ・シンプソンズ DVDBOX2 購入 [アニメ]

前回のエントリで書いた、ホーマーがスケボーで崖を飛ぶ話が
どうしても見たくなり、ネットでオンデマンドで見られないか探したがみつけられなかったので
思い切ってDVDBOXを購入した。
中古で4,000円弱。


ザ・シンプソンズ シーズン 2 DVD コレクターズBOX

ザ・シンプソンズ シーズン 2 DVD コレクターズBOX



こちらのDVDBOX2巻に収録。

余談だが、今回、遅いと評判の駿河屋(amazon)で買ってみたが、
金曜夜の注文で、月曜日到着。
噂の配送ガチャで1%の激レア引いた!
(1-3日程度で発送完了のお荷物 1% の表記)
と思ったら、それは自社通販の場合で、amazon店舗の話ではなかった模様。

さらに余談だが、ずっと前、ホーマーのスケボー話が収録されていると思って
DVDBOXの1巻を買ったら収録されておらず、
あまつさえ買った事をすっかり忘れて後にTSUTAYAで借りてくる、という
悲しい思い出のあるDVDである。

http://tyton.blog.so-net.ne.jp/2014-01-12

時に、2014年1月の出来事であった。
だってオラ、持ってるのがDVDBOXで、レンタルのが単品だったから・・・


さて、肝心のスケボー話だが、disc2に収録の

「命知らずのバート」

という回だった。
タイトルからして最高。

内容はほぼ忘れていたため、おかげで新鮮な気持ちで楽しめた。
バートがスタントマンにあこがれ、スケボーで車を飛び越えようとして事故を起こし
(その際の止める友人の 死ぬぜぇ、バート の台詞が良い)
入院~医者ともうムチャはしないという誓い~場面転換・即再チャレンジ
という流れが最高だった。
葛藤も何も一切描写しないのが良い。

スタントの成功に増長し、スリルジャンキーと化したバートが

俺、この(スプリングフィールド)渓谷をスケボーで飛んでみせる!

と宣言し、
オットー(バスの運転手)が
「大人として一言言わなきゃマズイよな」と、
止めるかと思わせて
「か~~っこいい!」と叫んだあとの絶妙な間など、素晴らしいと思うのだが、
これは計算でやってるのか、偶然俺の感性にあっただけなのか分からないが、とにかく面白い。

そして、肝心のホーマーのジャンプシーンは、記憶が美化されていたのか、
ハードル上がりすぎていたのか、思ったほど面白くなかったのだが
大平透氏の熱演を堪能できた。
救急車が事故って再度崖に落ちるシーンは、ネタ解っていても笑える。

ちなみに、ジャンプ時の台詞は

「飛んでるよ!空、飛んでる!こんなスリル味わったの生まれて初めてだ!」

だったw


説得に聞く耳持たぬバートに言い放った

「こうなったら親として出来ることは、代わりに俺が飛ぶしか無いんだ!」

の台詞が、日本語の文法としては怪しい感じだが
大平氏の熱演もあり、妙な説得力があった。

「でも親父にはムリだよ!」
「そのぐらい百も承知だ!」

の畳み掛けるようなやり取りも最高。
シンプソンズは、たまに家族愛推しの、良い話になるから油断できないが、
今回はキッチリオチがつくパターンで良かった。

思い出補正もあるが、
この1話だけで1000円、いや2000円の価値はあっただろう、と思える面白さだった。
DVD4枚組で22話も入っていたので、他の話でも楽しめそうである。


ザ・シンプソンズ シーズン 2 DVD コレクターズBOX

ザ・シンプソンズ シーズン 2 DVD コレクターズBOX

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD


THE SIMPSONS [映画]

20年くらい前、まだシンプソンズが日本でマイナーな頃
なぜか地上波でTV版のセレクション放送?されてたのを見て
ホーマーがスケボーで崖飛び越えようとして

俺飛んでるよォ!

と叫ぶ日本語音声に、友人たちと爆笑したのを今でも覚えている。
(若干うろ覚えなのでシチュエーション&台詞は怪しいが・・・)

ドォ!の発声、怒った声、弱気な声など
とても味のある声で、あの吹き替えじゃなかったら見てなかったと思う。


ザ・シンプソンズ MOVIE (劇場版) [Blu-ray]

ザ・シンプソンズ MOVIE (劇場版) [Blu-ray]



せっかくの映画版で、芸能人吹き替え、というとんでもない不義理を働かれたが
こちらのソフト版ではちゃんとオリジナル声優陣による吹き替え版も収録。
DVD版持ってるけど哀悼の気持ちでポチった。
到着したらバーチャルサラウンドヘッドホン使ってしっかり視聴しようと思う。

映画館で、ちゃんとした吹き替え版が見たかったので、そこだけは今でも残念である。