So-net無料ブログ作成
検索選択

実写版パトレイバー 首都決戦 BD発売迫る [映画]

昨日、ヨドバシ.comで予約しようとカートに入れて進めてたら
途中で販売終了になったワナw
ラスト一本争奪戦に破れたTYトン吉である。
(この場合 あとで買う に放り込まれる模様)

発売日の11/3は祝日なので、家ですぐ観たかったから
konozamaのありうるamazonは避けたかったのだが、
背に腹は替えられずamazonでポチった。

11/2の帰宅時に、ヨドバシ実店舗で買う、という線もあったが
売り切れや、裏切りのフライング販売なし、など危険要素を考慮しamazon。
アイ トラスト amazonである。

まあ、最悪遅れても週末には見られるだろ、多分…





DC版と通常版のセットをポチった。

先月のHJのインタビューの押井守監督の恨み節を読んで
俄然DC版への期待が高まったw

スト5発売日決定 2016年2月18日 [ゲーム]

決算に間に合わせる形で、どうせ3月末発売だろ、と思ってたので
予想より1ヶ月半くらい早かった。

仮に、3月24日だったら、ほぼ4月扱いで、来春=まだまだ先、という感じだが
2月18日となると年明けて結構すぐ、みたいな印象で
1.5ヶ月とはいえ、感覚的には、かなり違ってくる。

それなら年末に前倒しでPS4本体買っちゃうかな、という気になったので
PS4年末商戦を見越しての発表としては正しいと思える。

これで、本体だけ買わせておいて結局3末に延期、という
いやらしいパターンの可能性も無いとは言わないが…


ベータテストの評判見る限り
早く出すより、延期してでももうちょっと作りこんでから出してほしい気もするが
そこはアケ版がない事が活きて、こまめなオンラインアップデート
発売後にどんどん改善していってくれると期待。




品切れ前に確保しておくべきか、様子見すべきか
いよいよ余裕なくなってきたw


PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)

PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)

  • 出版社/メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • メディア: Video Game



PlayStation 4 グレイシャー・ホワイト (CUH-1200AB02)

PlayStation 4 グレイシャー・ホワイト (CUH-1200AB02)

  • 出版社/メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • メディア: Video Game


3万6千円。
スト5以外に遊びたいゲームがあれば、別にいますぐポチっても良いんだけど…

最近レンタルで見た映画 [映画]

ドラゴンボールZ 復活の「F」

映画館で視聴済み。
映画で観た時はイマイチだったので、あまり気が乗らなかったが、
新作4本借りると割引、の数合わせに借りた。
せっかくだから、と見てみたのだが
これが意外と面白い。
端から、「ストーリー薄めのアクションメインの作品」と認識することで
これほど印象が変わるか、というくらい楽しめた。
絵も綺麗だし良く動いていて、大満足。
今TVでやってるドラゴンボールがむちゃくちゃ低クオリティなので
その差がますます本作を輝かせているというかw

超HAMEX ドラゴンボール映画再批評90点。
面白かった。






メイズ・ランナー

予告編が面白そうだったので視聴。
意外と面白かったが、オチは予想の範疇というか
いってしまえば、ありきたりなオチだった。
そこの謎で引っ張る作品なだけに見終わったあとの満足感は低い。
続編も一応レンタルが出たら見ようかな、というレベル。

超HAMEX映画批評 60点。


メイズ・ランナー 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]

メイズ・ランナー 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray




MADMAX 怒りのデスロード

自分には全然合わなかった。
アクションは良かったが…という感想。
映画にはストーリーを求める方なので、
合う合わないで言えば俺は合わないタイプなのは理解できる。
が、そういう、人を選ぶ作品にしてはネットの評価が絶賛一色なのがどうにも臭い。

超HAMEX映画批評 60点。
もしかしたらアレか、吹き替え版で見るとつまらなくなる仕掛けでも施されていたのだろうか、これ。
(たしかに主人公イマイチだったけど…)

マッドマックス 怒りのデス・ロード ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

マッドマックス 怒りのデス・ロード ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • メディア: Blu-ray


劇場で見て
90点!絶対BD買うン!フナッ!
と鼻息を荒くしていたアヴさんに、具体的にどこが面白くて90点なのか今度詰問しようと思う

先週のニンニンジャーにジライヤがゲスト出演 [TV]

先週の予告の段階で書こうと思ってすっかり忘れたw

敬虔なジライヤファンでは全然ない俺だが、
放映当時を知るものとして期待して視聴。

「ニンニンジャー」では、忍者戦隊の先輩である
カクレンジャー・ハリケンジャーのゲスト出演があったが
そちらは予想の範疇、
(ただ、映画でやるネタだと思ってたけど違った)
が、まさかのメタルヒーロー枠からゲスト出演があるとは思わなかった。

当時の役者連れて来て、1話しっかり使ってちゃんとジライヤの話を描いており
前述の先輩戦隊2組より扱いは上だったと思う。

アバンタイトル終わり、OP直前のタイミングで

デレンデデンデン デレンデデンデン

のジライヤ主題歌のイントロが流れ、
まさかのOP乗っ取り来るか、と思ったがそのままニンニンジャー主題歌でガッカリ…
させておいてからの
ちゃんと本編のいいところで「ジライヤ」がしっかりかかって嬉しかった。
ボーカルあり、TVサイズで完走という大盤振る舞い。

ED直前には、ED曲「SHI・NO・BI '88」のインスト版も使われていて、そこも良かった。
一件落着後の雰囲気に非常にマッチした曲調で、
刷り込み的なアレだと思うが、さあ、これから日曜日が始まる、みたいな晴れやか気分になった俺である。
(録画見たの火曜日の夜だったけどw)

闘破の役者は当然老けてはいたが、当時の面影もあり、普通に格好良かった。
しゃべり方や声なんかは、全然記憶になかったが
そうそう、この感じ、と思い出せて、懐かしい気持ちになれた。

アクション演出ではOPで印象深かった、トラック飛び移りやターザンロープ(こっちは合成だけどw)
からのオフィスの腹すべりシーン、
膝折り降下拡大×3の再現、
装着シーン、良いところで帰ってきた磁光真空剣による真っ向両断も
出し惜しみなく決めてくれて大満足。
「許さん!」
からの技コールも、ちゃんと声張ってヒーローの声で素晴らしかった。
あと、ちょっとだけど登場した磁雷神と、「おお、磁雷神!」のセリフも良かった。
オフィス貫通の際、ガラスぶち破らなかったのが唯一残念ポイントw

ちゃんとレジェンドとして登場し、登場キャラからも別格扱い、
サイン求められたり
最後のジライヤさんを胴上げだ!の流れも最高。
ちゃんとキャラを大切にしてくれている感じがして嬉しかった。


今回、ニンジャーを子供と見る父親層を釣る作戦だと思うが
全然関係ない自分が釣られたワケだが、
釣られてアッパレ、の心境。
原作愛のある素晴らしい客演回だった。



串田アキラ氏熱唱。
TVサイズなのが残念。

映画 探検隊の栄光 感想 [映画]

藤岡弘探検隊の大ファンだったバカハシならきっと見たがるだろう、と
友情パワーを発揮させ、地雷映画覚悟で観てきた。

主演の藤原竜也氏が番宣でTV出まくって頑張ってたので
ちょっとした大作級かと思いきや
いつも行く映画館では放映なし、というしょっぱい扱い。
やはりどう考えてもマイナー映画である。

代わりに、普段行かない映画館に行って観てきたが、
公開翌々日、15時の部で、意外と(失礼)人が入っていた。
狭い部屋だったが、座席半分くらいは埋まっていただろうか。

いるかと思った藤原竜也ファンの女性客、というのは全然いなくて
カップル&家族連れ少々+あとは妙に年配客が多かった印象。
リアル川口浩探検隊世代かもしれない。


映画は、「川口浩探検隊」シリーズの舞台裏パロディ的な作品で
バカ映画と見せかけて良い話、というパターン。

予告でそこまで見せてたので、もう一回ひねって
やっぱり全員ろくでなしのクソ野郎共でした、となるのかな、と思ったがそうでもなかった。

というかこれって、ベースとなる「探検隊」に触れる機会のない現代の若者が
楽しめるもんだろうか、という疑問も。
ファンタジーとして楽しむのだろうかw


序盤は文句なしに面白かったが、
中盤の反政府ゲリラ登場後からはちょっとだけダレた印象。
とはいえ、全体の短さも手伝い、テンポよく見られた。

当初、常識人だった藤原竜也がバカ化する流れと、
原人の説得が成功にいたるシーンがわかりづらい気もしたが
あえての省略と受け取った。
全体的に笑いのセンスも良く、面白かった。

超HAMEX映画批評80点。

藤原竜也の暑苦しい演技を
90分、ニヤニヤしながら楽しむ映画。
VSワニ戦で藤原竜也が服脱いでワニに跳びかかりながら
「これで俺とお前は対等の条件だぁ~ッ!」
(うろおぼえ)
とか言い出したシーンが最高に面白かったw

普段は大作の話題作や、好きな作品のシリーズものばかり見ているので
久々の邦画、しかもオリジナル作品、かつB級テイストだったので
正直、ハードルを限りなく下げた状態での視聴。
そのため、予想してたよりは楽しめた、という感想なのだが
フラットに、1,800円分たのしむぞ、という心境で見たら
どうだっただろう、とは思わなくもない。


実は、この予告編で、本編の楽しさの7割は味わえる気がしないでもないが
本編視聴後この予告を見ると面白さが蘇ってきて良かったw

この予告でお気に入りだった
「まさかァッ!?」
のセリフのシーンがなかなか出てこないので、没シーンかと思ったが
ちゃんとあって良かったw



昔、こういう番組がリアルに放映していて、これはそのパロディ映画、
という前提条件が機能していないと、荒唐無稽なバカコメディに終わってしまう気がw

MADCATZ 新スティックの値段にフガるの巻 [ゲーム]

来春のスト5発売に向けて、こちらはいつでもPS4をポチる準備はできている
あとは決定版的なPS4スティックの発売を待つだけ、と思っていたところに
MAD CATZ社の新コントローラー発売のニュースが。

来たか、決定版が---!(ガタッ)

http://madcatz.co.jp/products/madcatz/MCS-FS-SFV-TE2-CHL/detail.html

税込 29,700円


多少値段が高いのは覚悟の上だったが、いくらなんでもスティックに3万は高い。
あにょー、ぼくその天板の絵いらないので、もうちょっと安くなりませんか、とマ社に言いたい。

が、来春のスト5発売前後で、
市場のPS4対応スティック枯渇現象が起こることは容易に予想でき

PS4本体とスティックはスト5発売されたら一緒に買いま~す

などと呑気に構えていたら、スティック難民と化して、涙のパッドプレイ
という最悪のシナリオも十分考えられる。

しかし、スティックメーカーも、このスト5特需に黙って手をこまねくとも思えないので
ソフト発売に合わせて、目玉的なスティックを投入してくるのでは、
今は動くにはまだ早いか、などと葛藤する俺である。

MADCATZ的にはこれがそのスト5向け決定版スティックに当たるんだろうか。
にしてはぶっ飛んだ価格設定だし発売タイミングも悪いような…
仕様がPS3兼用というのも気になる。

ただ、まだ早い、いまは見(けぇん)、とかやってたら
選択肢が3万のコントローラーだけになりました
みたいな、危険な可能性も出てきたので、ここはちょっとアンテナ貼って
ベストのスティックの発売を見逃さないようにしようと決意した俺である。


どうも、これのベースになってるNADCATZのTE2というのがPS4では低遅延で評判良いようだが
無印TE2は定価2万で、すでに生産終了、みたいな話っぽい。




ネットでは、スティックの遅延なんて体感できないレベルだから無視してOK、
とか書いている人もいたが
PS3初期発売されたRAP3のクソ遅延に悩まされた俺としては
スティックの遅延は結構重要視している要素である。


【PS4/PS3対応】リアルアーケードPro.V 隼

【PS4/PS3対応】リアルアーケードPro.V 隼

  • 出版社/メーカー: ホリ
  • メディア: Video Game


HORIの一般的なやつ。これは普通に売ってる。
たかがコントロールデバイスと考えると、この値段は決して安くはないはずだが
3万コン見た後だと、妙に安く感じるマジック。
評判はそんな悪くなさそうなので、普通に買えるうちにこれ確保しておくのも手だが…

クレオス L7コンプレッサープラチナセット購入 [ガンプラ]

タミヤのベーシックコンプレッサーのエアブラシ不調をきっかけに
コンプレッサーの買い替えを決意したわけだが
自分も、友人モデラー4人中4人が使用している、という
脅威の普及率100%を誇る「クレオスのL5コンプレッサー」にしよう、と思って値段を調べていたら
上位機種の「L7」のプラチナセットがamazon40%割引という
ダイナミックな値引きにより、実質L5と同価格になっていた。

参考用リンク


Mr.リニアコンプレッサー L7/プラチナブラシセット PS309

Mr.リニアコンプレッサー L7/プラチナブラシセット PS309

  • 出版社/メーカー: GSIクレオス
  • メディア: おもちゃ&ホビー


37,514円。
L7は2007年発売らしいので、新型って言っても、もう8年選手である。


Mr.リニアコンプレッサー L5/プラチナブラシ/圧力計付レギュレーターセット PS305

Mr.リニアコンプレッサー L5/プラチナブラシ/圧力計付レギュレーターセット PS305

  • 出版社/メーカー: GSIクレオス
  • メディア: おもちゃ&ホビー


ご覧のとおり、amazonでは値段が逆転してしまっている。

リンク貼っておいてなんだが、L5のプラチナセットはヨドバシの通販が安い。
http://www.yodobashi.com/%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%82%B9-Creos-PS305-L5-%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%81%E3%83%8A%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B7-%E5%9C%A7%E5%8A%9B%E8%A8%88%E3%83%AC%E3%82%AE%E3%83%A5%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC/pd/100000001002205466/
こちらで37,400円。
ほぼamazonのL7プラチナと同額。


値段一緒で高性能なヤツ買えるなら勿論そっちで、と
L7プラチナ即決しようかと思ったが、
この異常な値引きにワナを感じ、ネットで評判を調べた。

曰く、

・ガンプラ程度ならL5の圧力(0.1MPa)で十分
・性能が一緒なら音が静かな分L5の方がいい。音量は1.7倍も違う

という意見が結構多かった。
人気がないための値引きだろうか。

ただ、この中には、「わざわざL7に高い金だすくらいなら」
という前提が含まれていると思うが、その点は今回差がなくなってしまってるので考えなくていい。

また、音量に関して、これまで爆音のタミヤベーシックコンプレッサーを使っていた自分から見れば、
多分L5もL7も五十歩百歩、比較にならないくらい静かな事は想像に難くない。

そこに、俺の持論である

最新型isジャスティス

理論が加わり、2日間悩んだ末、L7の購入を決意した。


さっそく使ってみたが、コンプレッサーの音は静か。
わかっちゃいたけど、タミヤベーシックコンプレッサーとは比較にならない静かさである。
体感的には1/10以下。

L5の動作音を聞いたのがはるか昔だったので比較はできないが
イメージよりは重い音かな、という気はする。
(エンジン的な音質である)
深夜に使っても問題ないレベルだとは思うが
ちょっとでも静かに、という場合は、やはりL5が良いのかもしれない。

タミヤ~にはなかった、レギュレーターや水抜き装置が新鮮だな、と思いつつ
接続・設置したが、必要な機器が全て揃っているため(スタンドまで)
滞り無くセットできた。

複雑そうで不安だったダブルアクションのエアブラシも
ある程度使ったら慣れた。
エア、塗料の微調整が可能で、これならいろいろ試してみよう、という気になる。


Mr.リニアコンプレッサー L7/プラチナブラシセット PS309

Mr.リニアコンプレッサー L7/プラチナブラシセット PS309

  • 出版社/メーカー: GSIクレオス
  • メディア: おもちゃ&ホビー


もしL5がもう5000円安くなってて、価格差があったら変わっていた可能性はあるが
せっかく高い買い物したので、元を取るつもりでガンガン使っていこうと思う。
この値段出すならクレオス以外のメーカーのものを買ったほうが良い、という意見もあったが
一生ものと信じて心中の覚悟である。

とりあえず、平行して塗装中のフェラーリボディ、ガチャガチャのミニチュアのリペイント
HGUCガンダムF91、HGガンダムバルバトスをビシっと、年内で仕上げたい所存。

HG ガンダムバルバトス 開封の義 [ガンプラ]

HG ガンダムバルバトス購入。

慢性的に

購入ガンプラ>組み立てガンプラ

という状況が続き、小学生でも分かる理屈で
どんどん積みプラが増えている我が家だが
我慢できずに購入してしまった。
というか、自分の作成スピードを鑑み、
常識的に判断すると、向こう10年くらいは新しいプラモ買えない事になっちゃうw

01.jpg
後で気づいたが、ヨドバシ・無常の定価販売である。
ポイント付くとはいえ、なぜに定価ホワイ!
安いHGだから良いけど、これからはMGも定価で売ります、とかだと厳しい。


今回も、Gセルフで見せたスピードモデリングでサクっと完成を、と思ったが
やはり素組+部分塗装+スミ入れ+トップコート
だけで仕上げたGセルフに愛着は微塵も感じず、
むしろ、手にとって見る気もしない、くらいの
完全にいらない子扱いをしている俺なので
やるからには本気で作らなければキットにも失礼だな、と思い直した。

で、思い直して改めて積んだ訳だが、
アニメ1話を見てテンションあがって、やっぱり作っちゃおうかなン、と
あっさり開封の義>今に至る。
組みかけのF91が俺を睨んでいる気もしないでもないが…

03.jpg
ランナー。
ポリキャップ別でランナー6枚。
カラーのランナーは小さいので、正味4枚分といったところ。
作るのが楽そうで良い。

一番多い、グレーのランナーがフレームなのでMGに近い印象。
フレームだけで組めるようなので、フレーム単位で塗装できて楽そう。

05.jpg
白ランナーは1枚だけ。
F91が白パーツばっかりだったので、綺麗に塗るのが難しい白パーツが少ないのはありがたい。
劇中の印象だと真っ白ではなくグレー系の白で、
グラデーション塗装や汚し塗装が似合いそう。

02.jpg
シール。
主に腰アーマー、ふくらはぎのパーツ、バックパックに使う。
ピンクのラインもシールだが、凹モールド処理されてるので
エナメルで簡単に塗れそう。

シール補完もない色分け箇所として
・マスクのひげみたいな箇所のグレー
・肩の下のフィンの黄色
・つま先のグレー
・ガントレット(第一形態の左手)の水色
・メイス

がパッと見足りない。
どこも塗り分けは簡単そう。
メイスはアニメで見る限りメタリック単色でも全然問題なさそうである。

特筆すべきは、塗り分けの難しそうな、顔の横の黄色のフィンが
別パーツになっている点。これはかなり助かる。
バンダイ脅威の技術力。
同じようなところで、HGエクシアでは超苦労したのでw

合わせ目は、下腕にモロに出そうな感じだが
パーツ換装するには接着するわけにもいかなさそう。
というわけで、消さないで良い大義名分ができたというかw
後頭部のは消したほうが良さそう。
肩は、どうせフィンまたいで真っ二つになってんだろ、整形面倒くさ、
と思ってたら気合の一発成形。
Gセルフはなんだったんだ、という力の入れ方。

06.jpg
おまけのカード。いらねー

04.jpg
箱絵の三日月。
解像度低すぎでパッケージに使える画像じゃないような。
初回放映に合わせての急造感がある。
というか、そもそもここにパイロットの絵いるぅ?という気もw





仮組みもしないでアレだが、良キットの予感である。
箱絵だけ見るとポーズも手伝ってガンダムデスサイズに見える。

ガンダム 鉄血のオルフェンズ 感想 [アニメ]

第一話の記念にリアルタイムで視聴。

絵も綺麗だったし話も分かりやすくて面白かった。
画の雰囲気、音楽から
ガンダム00に近い印象を受けた。

世界観や用語を分かりやすくするため、説明口調が多かった気もするが
(ギャラルホルンの説明や、阿頼耶識システム説明のあたりとか)
そこを省いてわかりづらいより全然マシ。

絵は、設定画で感じたほど、キャラに違和感もなくて安心した。
第1話だからか作画も安定していて、このままクオリティを保ってほしいところ。
前枠のアルスラーンは早々に崩れたから…

ガンダムの登場がラスト数カットというのは残念だったが、1話だしこんなもんだろ、とも思う。
いきなり戦場に登場、というのはドラマ的には良かったが、
初起動のシーンは見てみたかった気もする。
来週、そこを遡ってやってくれないかと期待。

出てきたのが終わり間際だったので、あの一瞬だけというのは当然予想できたが
だからこそ、メイスを当てるところなんかは、もうちょっと
劇的に演出してほしかった気もする。

ガンダムは、設定画で見たよりは格好いいかな、という印象だが
最後に出てきたOPの、宇宙のカットは微妙に感じた。
胸の青が浮くというか。
プラモ塗るときは色難しそう。


今回、事前に見た、twitterの試写会組の評価が妙に良かったので
ムダにハードルを上げてしまったが
続きも気になるし、1話としては満足な出来。

Gレコばりに特別枠で2話連続で見たかった気はするが
深夜から夕方に帰ってこられただけでも喜ばしい。

昨日、キン肉マンの新刊買いにヨドバシ行ったら発見して
おもわず買ったはいいものの、
ま、まだF91が完成していないから…
と、そっと積んだ「HGガンダムバルバトス」も、見終えたテンションでうっかり開封してしまった俺である。
CM含め、プラモの販促としては満点だったと言えるかもしれない。



売り場を見た感じ、ヨドバシではかなり売れてるようだった。


1/100 ガンダムバルバトス (機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ)

1/100 ガンダムバルバトス (機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ)

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー


こちらは11/30発売と、ちょっと先。
年末の目玉的キットなんだろうか。
HGとのプロポーションの違いが面白い。

キン肉マン最新52巻 本日(2015/10/3)発売 [漫画]

先月くらいに、

キン肉マンの新刊、まだかなぁ~ン?

と調べたら10月だったので、

うしッ!まだまだ先だなン、うン

と安心していたら、そのまますっかり失念。
本日、スマホのキン肉マンのゲームのログインボーナス

新巻発売記念に超人玉プレゼント

と通知が出て、慌てて買いに行ったw
ナイスマッスルショット。
ちなみにゲームは毎日ログインして超人玉貰って
玉がたまったらガチャを引くだけ、という消極的スタイルでプレイ中。
だってオラ、イマイチ面白みが感じられないから…


キン肉マン 52 (ジャンプコミックス)

キン肉マン 52 (ジャンプコミックス)



本日発売。

さっそく読んだが、試合、ストーリー展開のバランスが良く
楽しく読めた。

テリーvsジャスティスマンの試合になるたびに
テリーの腕がもがれやしないか、とハラハラする俺である。

テリー腕もがれる>アシュラマンの腕が生える>テリーが怒って、テリー面、怒りぃ~~ッ!

という展開を密かに期待しているのだが
前提としてテリーの腕がもぎとられるというグロ展開が必要なので
難しいかもしれないw



キン肉マン 52 (ジャンプコミックス)

キン肉マン 52 (ジャンプコミックス)

  • 作者: ゆでたまご
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2015/10/03
  • メディア: コミック


ダウンしたバッファローマンの
「た… 立たなきゃ…」
のセリフが、謎にいじらしくて良かった。