So-net無料ブログ作成
検索選択

audio-technica ノイズキャンセリング ATH-ANC7b パッド交換 [家電]

先日のエントリを書いていて、交換用パッド(汎用品)をamazonで発見したので
ダメもとでポチってみた。





ゴミ箱に叩き込んだATH-ANC7Bを慌ててサルベージしたw


01.jpg
早速本日届いたパッド。
意外なパッケージであるw

02.jpg
パッド2個とチラシ。
チラシは説明書的なものかと思ったら全然そんなことはなく
ノー説明のストロングスタイルw

03.jpg
パッド取り外し用の棒。

04.jpg
旧パッドとの比較。
見た感じはかなり近い。
よく見ると若干色が違う。

05.jpg
この写真の左側(R)を交換。

06.jpg
パッドを外したところ。
もともと両面テープでついているだけなのだが
粘着が弱く、簡単に剥ぎ取れた。
ただ

07.jpg
はずしたパッドについている、この白いスポンジ
新しいパッドにはついていない。
もしかしたらこの白いスポンジも外して移植するものなのかな、と思い四苦八苦したが

10.jpg
直接パッドに接着剤でついてるっぽくて、外れるどころか
パッドが真っ二つになったw

08.jpg
というわけで、結局、そのまま替えのパッドを貼り付けることにした。
両面テープがセットされてるので、剥離紙をはがすだけで簡単に貼れる。
サイズもバッチリだった。

09.jpg
装着完了。
形状的な違いはほとんどなく、
色が若干茶色っぽいが、注視しなければ気づかないレベルかもしれない。

せっかく2個ついてるんだから両方変えてもいいんだけど、
取り替えたほうが先にダメになる可能性もあるので、温存することにした。

移植できなかったスポンジが気にならなくもないが
(遮音的な要素に関わりそうで)
とりあえず聞いた感じ、Rだけ音が篭ってる、とかそういう違和感はないっぽい。
作業時間10分、スポンジに悩まなければ5分もあれば終わる簡単な作業だろう。


ATH-ANC7 ANC9 ANC27 ANC29 Headphones Replacement Ear Pad / ヘッドホン交換用イヤーパッド

ATH-ANC7 ANC9 ANC27 ANC29 Headphones Replacement Ear Pad / ヘッドホン交換用イヤーパッド

  • 出版社/メーカー: Geekria
  • メディア: エレクトロニクス


ノーブランドの互換品なので、激ショボなヤツを覚悟していたのだが
思ったより全然良かった。
2個で1,668円は全然アリ。
amazon発送で送料無料なのも嬉しい。
ただし完全に自己責任。
あと、使ってるうちにすぐヘタる、とか難点があるかもしれないが、今のところ良さそう、という結論である。
(純正品もすぐヘタったしw)


audio-technica QuietPoint 密閉型ヘッドホン ノイズキャンセリング ATH-ANC7b

audio-technica QuietPoint 密閉型ヘッドホン ノイズキャンセリング ATH-ANC7b

  • 出版社/メーカー: オーディオテクニカ
  • メディア: エレクトロニクス


ネット情報では、パッド交換はメーカー修理扱いで6,000円弱かかり、
なおかつ純正のパッドは別売りしていない模様。

SONY EXTRA BASS 密閉型ヘッドホン MDR-XB950/B 購入 [家電]

自分でいうのもアレだが、比較的神経質な性格のため
ウル4のガチプレイ中は、雑音で集中を乱されるのを嫌い
ノイズキャンセリングヘッドホンを愛用していたのだが
ぶっ壊れたので買い替えを検討。




使ってたのがこちら。

丁度1年ちょっと前に購入してたので
優秀なオーテクタイマーが発動したということかw
9,914円で購入。

ノイズキャンセル能力はなかなか優秀で、音もこの手のモデルにしては良いと思う。
作りがチャチいのと、若干サイズが小さめなのが難点。

壊れたのはパッドなので、パッドだけ買って取り替えられれば良いのだが
この機種の交換パッドは市販されておらず、メーカー修理扱いの模様。

1年くらいしか使ってないし、使用も屋内で、かつウル4プレイ時のみ。
頻度で言えば相当少ないのでは、と思うが
最初はちょっと裂けていただけだが、どんどん裂けて来て
今や、完裂、マックスラジアルである。

04.jpg
バルル~~ッ

上記の通り、性能的には気に入っていたので
同じものを買い直すか、と思ったが14,400円に値上がりしていたので止めた。

そこで、他のノイズキャンセリングヘッドホンを検討したが
1万前後の価格帯で良さそうなのが見つからない。
いっそ一番良いのを頼む、の精神で




ここらへんも視野に入れたが、いかんせん高い。
もうちょっと出せばPS4買えるんですけど・・・という値段。
ただ、これは結構欲しくて、ポチる寸前くらいまで悩んだw

愛するSONY製品で、いい感じに安いのもあったが


SONY ノイズキャンセリングヘッドホン MDR-NC60

SONY ノイズキャンセリングヘッドホン MDR-NC60

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス



こちらは2007年発売ということで8年前のモデル。
ヘッドホンの技術自体は、もう進歩はないかもしれないが
ノイズキャンセリングは進歩の余地がありそう=新しいものほど良いのでは?
という考えからパス。
あと音質の評判が悪かったのも☓。

で、悩みに悩み抜いた末買ったのがこちら。


SONY EXTRA BASS 密閉型ヘッドホン ブラック MDR-XB950/B

SONY EXTRA BASS 密閉型ヘッドホン ブラック MDR-XB950/B

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス



さんざんノイズキャンセリングモデルを調べたが、最終的に、
俺の使用用途から、「密閉型」であればノイズキャンセル機能は不要
という結論に至った。
また、音楽を聴く時に音質を追求するなら、家にあるプリン(ゼンハイザー HD598)で十分。

なので、ゲームプレイ用、1万くらい、密閉型、新し目 という割り切った条件でこちらを選択した。
2014年9月発売モデルである。

01.jpg
外箱。かっこいい。

02.jpg
中身。
フカフカのパッドで装着感はすこぶる良いが、夏は暑そう。

03.jpg
本体。
文句なしに格好いい。
左右両方から出てる、平打ち麺みたいなピロピロしたコードが若干気になるw

本日到着したので早速使ってみたが
開幕の一瞬で分かるほど音はクリアー感がなく、モコモコしている。
これが密閉型の特性なのかもしれないが
プリンの音に慣れてるとちょっとキツい。
エージングで少しはマシになってくれないかと期待。

そして、買ってから気づいたが、EXTRA BASSという名前の通り、低音盛り盛りの味付け。
ただ、プリンで聞こえてなかったような音が聞こえて来たり、一概に劣っているとも言えない。
が、まあ、音楽聞くなら断然プリンだなー、という感想。
ここは、値段も段違いだし比べても仕方ない。
(ジャンルによってはこっちのほうが良い場合もあるかも)

ゲームでは、DSのスパロボBXで使ってみたが、
プリン使用時は、インピーダンスの関係でDSのMAX音量でも音が小さく感じたが
こちらは全然余裕の大音量。
ただ、低音ブーストの影響で、カーソル移動や決定音などがムダな圧力で迫ってくるので困るw
爆発音なんかは迫力があって良かった。
ゲームプレイにおいては、上品な音付けのプリンより合うかもしれない。

あと、遮音性は期待通りで、ノイキャンなしでも集中してゲームプレイが可能。
やはりあちらは、本来、屋外や飛行機内で使うのを想定されてた機械ということで
俺の使い方は間違ってた説であるw

というころで、事前の綿密なシミュレーションで
狙い通りの性能のものを買えたと思う。
概ね満足。
購入相談にのってくれたアーヴ老に感謝である。


【国内正規品】ゼンハイザー オープン型ヘッドホン HD598

【国内正規品】ゼンハイザー オープン型ヘッドホン HD598

  • 出版社/メーカー: ゼンハイザー
  • メディア: エレクトロニクス


プリンことゼンハイザー HD598。
音は間違いなく良い。
が、開放型なので、遮音性がゼロなため
(むしろこれつけて音聞いてると、周りの音が余計気になっちゃう感じ)
高い集中が求められるウル4には使えないのである。
あと、しばらくMDR-XB950/Bのズンドコサウンドで音楽聞いた後こちらを使ったら
最初、スカスカに聞こえて驚いたw
人間の感覚のアテにならなさというか、相対性というか。
で、その後再びMDR-XB950で音楽聞いたらやっぱり篭った音に聞こえてhmmったw


ATH-ANC7 ANC9 ANC27 ANC29 Headphones Replacement Ear Pad / ヘッドホン交換用イヤーパッド

ATH-ANC7 ANC9 ANC27 ANC29 Headphones Replacement Ear Pad / ヘッドホン交換用イヤーパッド

  • 出版社/メーカー: Geekria
  • メディア: エレクトロニクス


新しいの買っちゃってからこんなの発見。
だってオラ、ノーブランドの互換品で3,500円くらいするって聞いたから…

映画 ドラえもん のび太の魔界大冒険 感想 [映画]

旧シリーズの第5作。

新作「宇宙英雄記」をレンタルして見たが
ビックリするほどつまらなかったため、口直しで旧作の「魔界大冒険」を借りてきた。

長編映画ドラのピークはこの「魔界」~「鉄人兵団」の3作
というのが俺の持論だが
(またはその前後の「鬼岩城」「竜の騎士」も入れた5作)
そう思って数年前にみた「宇宙小戦争」アニメ版が思いのほか微妙な出来で
やはり原作こそ至上、アニメ版はダメだな、などと思っていたが
魔界大冒険アニメ版はかなり良かった。

日常パートと冒険パートのバランス感覚、
石化ドラ&のび犬の伏線、
魔法世界の面白さ、
魔界接近の気象や地震の不安感の描写、
迫力のバトル、ゲストキャラの魅力、魔界到着後の冒険感、
メジューサ&デマオンの恐ろしさ、
石像の伏線回収時の怖さ、おどろおどろしさ、
ドラミ登場時の安心感、ウソEDの面白さ
そこからのあざやかな逆転劇のカタルシス、別れ

どれも原作の魅力を殺すことなく、
むしろ動きや声、音楽で効果的に増幅することに成功した
すばらしい映像化だった。
真面目にみたのは何十年ぶりだと思うが、こんな面白かったか、と驚いた。

超HAMEXドラ映画批評90点。

EDが「風のマジカル」じゃないのが非常に残念。
キョンキョンサイドとの契約問題みたいだが、
別にもう、いくらでも解決できそうな話に思えるんだけど。
変更されてるのは解ってはいたが、劇中「風のマジカル」ベースのBGMがかかるため
やはり風のマジカル聞きながらスタッフロールみたかったな、とは思ってしまう。





冒険パートにおいてスネオ&しずかが空気なのが残念だったが
そこらへんは次回作・宇宙小戦争でしっかり脚光あたってるのである意味バランスとれていると言えなくもない。
(その代わりあっちではのび太が空気気味w)


映画ドラえもん のび太の新魔界大冒険 7人の魔法使い [DVD]

映画ドラえもん のび太の新魔界大冒険 7人の魔法使い [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD


リメイク作。
アレンジがうまくハマらず、イマイチだった記憶。

京商 MA-020S-N レディセット 頭文字D スプリンター トレノ AE86 [玩具]

京商 MA-020S-N レディセット 頭文字D スプリンター トレノ AE86



メダパからこんな動画URLが送られてきた。

おー、よさそうじゃん、一緒に買ってみる?
などと軽いノリで値段を調べたら

http://www.kyosho.com/jpn/products/rc/detail.html?product_id=110289

たけぇ、25,920円!

1/27サイズ(15cm強)と、かなり小さいので
3,000円くらいのおもちゃRCかと思ったらガチのやつの値段。

公式サイトを見ると、ちゃんとしたラジコンっぽいので
完全に俺の見込み違い、京商を甘くみていたと言うことだろう。

気になるのが、単4電池4本でどれくらい走行できるのか、という事が書いてない点である。
ラジコンは、ちゃんとすればするほど電池が持たなくなる、みたいなイメージがあるのだが。
ラジコン売るならそこは、分かりやすく記載しておいて欲しいところである。

ちなみに、他サイトで見たところ、エネループで30~40分走るようなので
結構遊べそう。

ただ、買ったとして、走らせる場所がない、という問題がある。
部屋でチョロチョロ走らせてても値段分楽しめるとは思えないし。
探したみたら、比較的近場にコースはあるようだが、わざわざ有料のコースに出かけて行って
知らない人と一緒に、となるとハードル高いなー





amazon割引価格で20,000円強。

どうせぇ、3000円くらいだろォン?

と思っていたからバカ高く感じたものの、
ちゃんとしたラジコンだと思えば出せない金額じゃない。

特に、最近思いつきだけで、自動車をズバっと現ナマ一括で買ったメダパや
30万で買った椅子は最高だなァ~ン
などと言っている、羽振りの良いアヴさんには
2万くらい、はした金と言っても過言ではないだろう。

というわけでバイ!ナウ!

ニンテンドー3DS スーパーロボット大戦BX購入 [ゲーム]

自分的に、vita版の第三次スパロボZ 時獄編以来のスパロボ。
遠い過去のような気がしていたが、時獄編発売が2014年4月で、意外と時間が経ってなくて驚いたw
そして、任天堂系スパロボではDSのL(序盤で投げた)以来のプレイとなる。


版権のスパロボは

・メインストリームと言えるPS系

 PSのα~スパロボZ、PSPの「第二次Z」前後編、PS3&vitaマルチの「第三次Z」前後編

GBAから続く、任天堂携帯機専用のシリーズ

 GBAの「A」、「R」、「D」、「J」、DSの「W」、「K」、「L」、3DSの「UX」

という2本柱(プラスたまの変わり種)、という感じでリリースされている。
このBXは、下の任天堂携帯機向けシリーズ最新作にあたる。

ボリュームやクオリティ、金のかけ方的に
PS系がちゃんとした方で、任天堂携帯系はお手軽低予算版、という感じで
(特にDSまではキャラクターボイス無しなので、よりその印象が強い)
自分の場合、任天堂系のは、たまに手は出すものの、
毎度イマイチ楽しめずに積んで終了、という感じだった。

しかし、期待していた「第3次スパロボZ 時獄編」がまるで楽しめず
当然続編となる「天獄編」もパスしていたので
今回、ちょっと気分をかえて、普段ならパスの任天堂携帯系「BX」を購入してみた。

ここからBXの、10話までプレイした時点の感想。



・シナリオ

まだ序盤だが、ここまでは中々良い感じ。
ガオガイガー(3クール目から)、ガンダムAGE(キオ編から)をメインに
ライジンオー、ナデシコ辺りが絡む感じ。
クロスオーバー感高め、
さらに、今やってる面でダンバイン組も登場し、テンション上がり気味である。

これはプレイヤー側の話だが、スパロボの場合、クロスオーバー作品という性質上、
登場作品への思い入れにより面白さが変わってくる。 

すべての参戦作品が平等にシナリオに活かされるのが理想だが
このシリーズではそれができてるとは言い難く、
いわゆる「ユニットがいるだけ参戦」の作品もあれば、
何ステージも使って原作のストーリーを再現する、扱いの良い作品もある状態。

知らない作品や興味のない作品がメイン扱いだと、よほど上手いこと原作の魅力を再現してくれない限り
延々退屈なテキストを読まされる展開となる。

俺の第3次Z 時獄編がこれであり、
序盤、長々とお寒いラノベテイストの「フルメタルパニック」シナリオが続き、
(原作を見たことがないので、単にスパロボのシナリオが悪い可能性もある)
すっかりやる気を失ったところで
お、違う話始まったか、と思ったら「アクエリオンEVOL」原作再現開始、
という連続攻撃でギブアップした記憶がある。
実際には、妙にやる気のない戦闘アニメや、前作から劣化しまくりのUI等、色々な要因があったのだが。
 
今作の場合、原作をちゃんと視聴した作品が多く
(ガオガイガー、00、AGE、UC、ダンバイン、マクロスFあたりはまじめに全話視聴)
また、知らない作品が厚遇でない、という点がプラスに働いている。
マジンカイザーSKL、ゴーグ、ガリアンあたりが全然知らないので危険な印象だが
今作では、結構バランスに気を使ってるように感じるので大丈夫ではないか、と期待。
改めて登場作品リストを見ると正味14作品+バンプレオリジナルと、かなり少な目なので
バランスが取りやすいのかもしれない。

ここらへんの、各作品の扱いに関しては、買って遊んでみるまで分からないため、発売日に買う場合は
完全にぶっぱなしになるので、今回はラッキーだったといえる。

もしいきなり、第1話から

機動戦艦ナデシコやマクロスF完全再現します

みたいな話だったら、もうすでに投げ出していてもおかしくないw

ただ、過去、全然興味なかったけどスパロボで知って興味が出た、みたいな作品もたくさんあるので
シナリオライターの腕次第、というところは大いにありそうではある。


・戦闘アニメ

スパロボの大きな魅力の一つ。
DSのLで、よく動いている、と評判だったので期待したら
解像度のちいさい絵がよく動いていてションボリ、みたいな感じだったので
正直全然期待していなかったのだが、今回はなかなか良い感じ。

PS3やvitaのZ3の高解像度の戦闘アニメと比べると明らかに劣るが、あちらは
絵がきれいな代わりに演出が適当、みたいな感じだったので
(まだ序盤だったからかもしれないが)
個人的にはこちらのほうが好み。
カットインの、イラスト調の絵がグリグリ動くのはなかなか感動的であり
よく出来てると思う。
3DSの立体視との相性も良い。

早送りした際に、セリフがオーバーラップして再生されるのも
最初違和感があったが、(一応)セリフが全部聞けるので嬉しい。

ただ、ダンバインだけ、ちょっとクオリティで劣る気がする。
担当者の腕前でクオリティに差があるのかもしれない。

音声も問題ないクオリティ。
ただ、ヘッドホンでまじめに聞くと、声の音質は気になる。
容量削減のために圧縮したのかな、という気が。
台詞内容的には、作品をまたいだセリフや、
シチュエーション限定の音声もあり、こっている。
かなり好印象。


・音楽

原曲再現度は及第点。
選曲がAGE3の曲は藍井エイルの曲が良かったが、AGE系汎用BGMで残念。
ゲームに似合いそうなのに。
FX登場で変わるのでは、と期待しておく。
ダンバインはOPでも今までゲームで使われてた曲でもなく
版権BGMだと思うが、新鮮な反面、若干肩透かし感があったw


システム

いつものスパロボ。
パートナーユニットシステムがあり、若干面倒感があるが
今のところ使わずとも進められてるので、できるかぎり使わない方向で行きたい。
仲間が増えるとそうもいかないのかもしれないが…
強化パーツシステムがないのが驚いた。

今のところゲームバランスは厳しすぎず、ぬるすぎずで丁度良いと思う。
ゼハートと戦う面で、ゼハートの回避率が高く、命中させるには精神コマンド必須、という状況で
序盤でバンバン精神コマンド使っちゃっててSP枯渇、というシーンがあり
あやうく詰みかけたくらいで、後はいい感じ。


ここまでは、シナリオ、戦闘とも予想外に楽しめている。
第3次Z時獄編の10話までと比べて
(そこまでやったかすら怪しいが)
2倍、いや10倍は楽しんでいる印象。
定価高めだったが思いの外満足度も高い。

直前に遊んだファイアーエムブレムIFが高難易度だったため
今回は、適当に強キャラ育てて俺tueeee、みたいな、
浅い楽しみ方をしようと思っている俺である。
AGE本編で、結構好きだったのに(主に声が)
イマイチ活躍にできなかった、戦場のホームズことセリックあたり、育ててみるのも楽しいかもしれない。


スーパーロボット大戦BX (【初回封入特典】レベルアップキャンペーンダウンロードコード)

スーパーロボット大戦BX (【初回封入特典】レベルアップキャンペーンダウンロードコード)

  • 出版社/メーカー: バンダイナムコエンターテインメント
  • メディア: Video Game


現在、amazon販売のは売り切れて、業者販売の定価のものになってる。
今どき、携帯ゲームソフトで7kオーバーとなると、さすがにかなり高く感じる。


スーパーロボット大戦BX [オンラインコード]

スーパーロボット大戦BX [オンラインコード]

  • 出版社/メーカー: バンダイナムコエンターテインメント
  • メディア: Software Download


DL版。こちらもソフト版の定価と変わらない値段。
携帯機の場合、あまりメディア不要の恩恵を受けづらいような気がする。


スーパーロボット大戦UX

スーパーロボット大戦UX

  • 出版社/メーカー: バンダイナムコゲームス
  • メディア: Video Game


前作。BX発売前に、ちょっと興味出て調べたらボッタ価格で値段が上がってた。
こういうときDL版があるのは助かる。
評価は高かったが、参戦作品が知らない&興味ない作品が目白押しだったのでパス。

twitterアカウント乗っ取り事件

フンガンワ!TYトン吉ですッ!

登録はしたものの、全然使わず放置中のtwitterから


件名 : 安全のため、あなたのTwitterアカウントロックされました。

Twitterと関係ないサービスやウェブサイトによって、このアカウントは乗っ取られています。

アカウントの安全のためにアカウントをロックしました。

再ログインするためにはパスワードを変更してください。


などという、穏やかじゃないメールが来たので
んマァ~~~ジかよ!
と、慌てて確認したところ、たしかに勝手にニセブランド業者をフォローしていた。

リツイート等はしていないようだが…

そういう乗っ取り事例がある、と話には聞いていたが、
まさか、全然アクティブユーザーじゃない自分の身に振りかかるとは、と驚いた。
風邪で寝込んでいたのだが、慌てて解決に奔走するハメにw

前述のとおり、全然使ってないし、他アプリとの連携も一切してないので
投げやりな、簡単なパスワードにしてたのが原因だと思われる。
慌てて面倒なパスに変更したが、ネットこえー、と思わされる出来事であった。

twitterに関しては、まじめに使う気が無いため、
仕組みもイマイチ理解していないし、
そもそも画面のインターフェースすら把握していなかったため
今回、設定画面の出し方がわからず、ムダに苦労した。

ちなみに、古い解説サイトには

twitterのホームから、画面右上の歯車アイコンをクリック

と書いてあったが
今のバージョンだと、右上の自分のアイコンをクリックするとメニューが表示される。


幸い、今回被害はなかったものの、これを教訓とし、
これからは気を引きしめようと思った俺である。

真・北斗無双 購入 [ゲーム]

真・北斗無双購入。
前のエントリでも書いたが、amazonで新品があまりに安く売ってたので購入した。

ちなみに、前作「北斗無双」は発売日に買ったものの、最初のステージクリアしたところで投げてそのままになってる。
(多分まだ持ってるw)

前作はPS3と箱のマルチだったので、両機種持ちの自分としてはどっちを買っても良かったのだが
特に理由もなく箱版を選んだところ、ボス戦のQTEで
箱コンで「X」だの「B」だのとっさに言われても解らねーよ、という想定外の難易度アップ問題があったw

ということで、前作の印象はほぼないのであまり比較にならないのだが
「真」の感想。



・演出

ストーリーモードは漫画のコマ割り方式の小芝居が入る。
3Dモデル静止画(たまにちょっと動く)+セリフ
というもので、ちゃんとしたムービーに比べれば省エネ感を感じるものの、なかなか良い感じ。
動くときはそれなりに動くので、口パク分の労力を惜しんだのでは、と予想w
今のところ、結構細かくデモが入るので、たまにゲームプレイングのテンポを悪くしている、と
感じる時もあるが、基本歓迎ムード。
序盤では、

悪漢に老人がぶっ殺される > ケンシロウ「許さん!」

みたいな、テンプレ的な展開が多いのだが、これがなかなか燃える。
そのままゲームが始まるので、否応なしに盛り上げてくれる感じ。悪くない。


・アクション

前作に比べて爽快感アップ、ということだが
無双に比べるとモッサリ感はある。
反面、動きに重みがあって良い、と言えなくもない。
あと、序盤はケンシロウしか使えないためか、ワンパターンに感じる。
△の派生チャージ攻撃が、いずれも百烈拳的なアクションなのも原因だろうか。
□>△>△の攻撃は面白いが、あまり使う必然が無いのが残念。

ちなみに、ストーリーが進んだら、レイやマミヤも使えたのだが、
今後の話を考えると、一時的なような気がする。
あと、一度に出る敵の数が少ないため、一騎当千感は弱め。

難易度「優しい」でやっているからか、クリア時の判定が辛めで、
毎回、え、これでB?みたいな気持ちになるw

そして、前作で俺を悩ませた高難易度QTEは非常に緩くなっており、
PS3コンなら対応できるのでは、と思っていた俺としては肩透かしw

サウンド

イマイチ印象に残らない。
今のところ、頭に残ってるのは一曲くらいだろうか。
前作では、ボス戦で予想外の

テーレッテー(アニメ版の予告の曲)

がかかっため、今回もあるか、と期待したが、どうもなさそうな雰囲気。

SE関係は若干寂しく感じたが、ヘッドホンで聞いたら印象がずいぶん良くなった。
バーチャルサラウンドヘッドホン使用時は、かなりサラウンド感があったので
音関係は実は凝ってる説がある。
また、スピーカー出力時はボイスが聞き取りづらかったが、これもヘッドホン使用で改善された。
声優はアニメと全然違うし、声の方向性も違うが、これはこれで悪く無いと思う。



デモシーンのおかげで北斗の拳感というか、原作再現度はかなり高く、
漫画のゲーム化としては、かなり良い線いってると思う。
ここまで4時間くらい遊んだが、ストーリー的にはまだまだ先は長いのかな、と思われる。
(ここから先、急に端折られるとかなければw)

微かに覚えている前作の記憶で、
やたら広大なマップをずっと歩き回っていた気がするが、そういう要素が
バッサリ削除されてるのも良かった。

今のところ予想以上に楽しめているので、この感じで最後まで完走できれば
値段分は間違いなく遊べそう。
今回、金ドブ覚悟のぶっぱなし購入だったが、激安で楽しめて、お得感がある。


真・北斗無双(通常版)

真・北斗無双(通常版)



自分が買った時は送料無料で新品1,297円。掘り出し物だった。

神田 担々麺 白蘭 [食べ物]

昔神田で働いてた時によく通っていた店。

オフィス街の店なので、平日しかやっていないため
普段行きたくてもいけないのだが
昨日、盆休みを利用して食ってきた。

最寄りJR駅は神田だが、住所的には日本橋になり
担々麺という名前だが、いわゆる普通の担々麺とは完全に別物が出てくる。

なので、今回のエントリのタイトルは店名以外全部間違いであるw

白蘭.jpg
メインメニューの担々麺。

昔は辛くて、汗ダクでヒーヒー言いながら食ったものだが
中本の北極ラーメンで辛味判定中枢を破壊されたのか
今回は全然辛さを感じなかった。
ただ、味は変わってないと思う。

妙に細いクタクタの麺や、味付け等、すべてにおいて人を選ぶ料理だと思うが
唯一無二のオンリーワンとしての存在感は抜群。

店も超ボロいので、万人にオススメはできないが
年に一回くらい、猛烈に食いたくなる味である。


http://tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/13006494/

食べログ。
投稿写真の色合いが全体的にイマイチで美味そうに見えないワナ。
店のテーブルが赤いから、カメラに自動補正されてるのか、
ラーメン(というか汁)が妙に茶色くなってるのが原因だろう。

カゴメ 野菜ジュースをamazonで箱買い [食べ物]

カゴメの野菜ジュース

昔から好きで、以前はよく飲んでいたのが
最近(と言ってもここ5年くらい?)
スーパー等で見かけるのは、同じカゴメ野菜ジュースでも「食塩無添加」のものばかりで
オリジナル版はほぼ取り扱ってない状況。

ちなみに、一度間違って食塩無添加版を買ったが
味がボケてて美味しいと感じなかった。

ただ、別にそんな積極的に飲みたいというワケでもないので
出歩いて探したりはしていなかったのだが
この前、amazonを見ていたら偶然発見したので、購入してみた。






3,119円で15本入り。
一本あたり208円と安いのも嬉しいが、なによりクソ重たいので、家まで届けてくれるのがありがたい。

本日、久々に飲んだが
おう、この味、という満足感。
変に味変わってたりしたら、この15本どうすんの、みたいな話だったが心配無用だった。

懐かしさに、思わず一本全部飲みきってしまったワケだが、
わざわざ「食塩無添加版」が出てる(&そっちばっかりプッシュしてる)
点を考えると、もしかしてこれ、体に悪いレベルで塩入ってんじゃ、みたいな気にならなくもない。

そこで、調べたところ、ペットボトル1本(720ml)で食塩2.4g、
成人男性の食塩の摂取目標量が「一日8g未満」なのでギリセーフ、
セーーッフ…!

と思ったが、ふと気になって、
昼に食べた「天下一品」のラーメン一杯の塩分量を調べたら
6.4gで、合わせると余裕のオーバーw
というか、むしろラーメンの塩分の多さにビビる俺である。

ウルトラスト4 DL版購入 [ウルトラストリートファイター4]

やっとDL版ウル4を購入した。

え?PS4版の話?とさえ思われかねない、このタイミングでの購入だが
当然PS3版である。
2,990円したが、どうせ毎日遊ぶので速攻で元は取れるだろう。
ワンプレイ100円換算でたった30試合、下手すりゃ1日で終わるw

ちなみに、今、久々にウル4以外のゲームを買って遊んでいるので、
ディスクの交換が面倒だから、というズボラな理由でのDL版購入決意である。

さっそくプレイしたが、もしかしたら
今まで俺の遊んでいた「スパ4AEからのアップデート版」とは別ゲーム扱いで
最悪、戦績リセットとかもあるか、と考えていたのだが
そんなことは全然なく、購入済みのDLC、キーコンフィグ、youtubeのアップロード設定に至るまで、
すべてそのままで行けた。
逆に新鮮味ゼロw

違う点といえば、普段確実にスキップするOPムービーデモと、
起動時の
ウルトラ ストリートファイターフォー!
の声だけというw




PPもだが、BPを見るとかなりの格上のリュウ。
実際、試合内容は押され気味だったが
必殺の中足>波動抜け滅波動が突き刺さり、そこから逆転勝利。
活きた、あの時の特訓が!






割引がある分こちらのほうが安く買えるが
今回はディスクレスの恩恵を取った。
DL+インストールに1時間くらいかかったのは計算外だった。


真・北斗無双(通常版)

真・北斗無双(通常版)

  • 出版社/メーカー: コーエーテクモゲームス
  • メディア: Video Game


ふと無双が遊びたくなって、amazonで見てたら、これが妙に安かったので購入。
この値段ならクソゲーでも、と思って買ったが、それなりに楽しんでいる。