So-net無料ブログ作成

映画 キングコング: 髑髏島の巨神 4DX 3D吹き替え版 感想 [映画]

最近4D仕様で観た
キャプテンアメリカシビルウォー、シンゴジラが連続でイマイチな感じで
結局映画は映像と音だろ、動きとか水とかどうでもよくない?
みたいな、4D全否定的な気持ちになりかけていた俺だったが
両方ともTOHOシネマズ川崎のMX4D仕様だったので、原点に帰る気持ちで、平和島の4DXで視聴。

久々の4DXだったが、座席の動きがかなりダイナミックで、
椅子から落ちかねないくらいの猛烈ムーブで
文句なしの迫力だった。

これは川崎で観た2作品ではなかったので
座席の仕様の違いだと思うが、もしかしたら、作品の違いによるものである可能性もあるかも。

また、匂い、風の演出も平和島の方が効果を感じる。
水は平和島はミスト、川崎は水が飛んでくるイメージ。
(川崎では3Dグラスに水がついてぬぐう必要がある)

というわけで、俺の結論として
平和島シネマサンシャインの4DX > 川崎TOHOシネマズのMX4D
となる。

ただ、前述のとおり、同作品での比較はしていないので
絶対とは言えないし、好みの差もあると思う。
川崎TOHOをディスるつもりはないが、
とりあえず、4D映画で、シートの動きのインパクトを求めるなら
平和島まで足を延ばしてみることをオススメしたい。


前置きが長くなったが、以下、ゴリラの感想。





アクションは迫力があり、量・質とも文句なし。
ゴリラもっと正義の味方かと思ったら予想外の大暴れで良かった。
劇中一番人間殺したのはゴリラ疑惑。
そして、ゴリラの必殺技・スクリューアッパーが良かったw
キャラの死に方が結構グロいのもアクセントになってて悪くなかった。
ストーリーパートも過不足なし。
良いゴリラVSゴリラ映画だった。

4D+3Dとなると字幕を追うのが大変なので、
吹き替え版を予約していたのだが、当日朝になって

主役:GACKT
ヒロイン:佐々木希

という情報を知り、緊張が走ったが
結論として、思ったより全然良かった。

GACKTはイメージ通りというか、完全にGACKTそのまま。
俳優(マイティーソーのロキ)の顔と声質は合ってないが、
寡黙なキャラには合っていたと思う。

ヒロインは上手くはないが、予想以上に頑張っていた。
芸能人吹き替えではマシな部類。
キングスレイヴFF15、キングオブエジプトと、連続で強烈な棒吹き替えを味わい
ハードルが下がっていた説である。
(今回もダメだったらタイトルに「キング」 + 吹き替え=地雷 という公式ができあがるところだったw)

その他キャストの演技もよく、楽しめた。

超HAMEX映画批評85点。
このノリであれば、ゴジラVSゴリラ(2020年)も期待できそう。


他の映画見たときに予告編を見て、
よし、今度はゴリラ観に行くか、と勢いだけで行った作品だったが
予想外に楽しめた。ぶっぱなしが成功したケースである。

この映画に関しては
IMAX等の映像美 < 4Dのハッタリ
なのは間違いないので、観るなら是非4D版をオススメしたい。
(もう公開終わりそうだけどw)

そして、平和島ageしておいてアレだが、
今回、メンテが悪かったのか、
可動のたびにキイキイ異音を出す座席があり、シリアスなシーンでは結構気になった。
帰り際に、一応従業員に話したところ、しっかりメモ取りながら聞いてくれてたので
きっと改善されているだろう。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0