So-net無料ブログ作成
検索選択

映画 ジョン・ウィック 感想 [映画]

twitchでウメハラの配信のアーカイブ見てると
高頻度で「ジャック・リーチャー」の予告CMが流れ、ウゼーなーと思っていたが
(音もバカみたいにでかいw)
おかげで、前にレンタル出たら借りよう、と思ってすっかり忘れてた
「ジョン・ウィック」の存在を思い出し、レンタルしてきた。
(主人公の名前がタイトルのアクション映画、という共通点のおかげ)

マフィアの息子に、愛車のスーパーカーに目を付けられ
車を盗まれ、さらに
妻の置き土産であった愛犬を殺された主人公、ジョン・ウィック。(キアヌリーブス)
妻を失い、愛犬を失い、愛車を失い、失意に沈む主人公。
一方、マフィアの息子が周囲にDQN行為を自慢していると
お前、その車どこで手に入れた?なんて事をしてくれたんだ
と、おかしな空気に。
ジョン・ウィックはマフィアのボスも一目置く、引退したスゴ腕の殺し屋だった。
最強の殺し屋の復讐が、今始まる。

という話。
ストーリーはシンプルで、昔のカンフー映画みたいな感じで観られる。
理由はあるにしても、犬一匹殺された復讐に
何人殺すんだよ、と突っ込みたくなるが
そこがまた良い。

アクションは格闘+銃で

パンチ>投げ>ダウン攻撃で射殺

というのが多く、こけたら即死亡、みたいなシビアさ。
格闘自体は思ったほどハデさはないというか
リアルな格闘術っぽく見える。
早い話がちょっと地味。
飛んだ跳ねたの華麗なアクションではないので、
そこに期待するとガッカリするかもしれないが
すべての攻撃は射殺するための前フリ。
とにかく、情け容赦なく連射して殺すのが良い。
さすがR-15作品。

また、銃を撃つシーンは正確無比なヘッドショット連打で
そんなバカな、と思いつつも、やはり格好いい。

主人公が復讐のむなしさに立ち止まることもなく
終始、復讐一直線なのも良い。
余計な事せずに、殺人アクションを思う存分描いた作品。

序盤の主人公のかわいそうさ、
そして、実は大物殺し屋だったと解り、マフィアに恐れられる流れも良かった。

ただ、そんなスゴ腕なら、家に忍び込まれたところで、愛犬殺される前に
DQN倒せるのでは、みたいな気もしないでもないが
丸腰+不意打ちだったので仕方ない、という事で。

シンプルで面白かった。
超HAMEX映画批評80点。




続編決定らしいのでそちらも楽しみである。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: