So-net無料ブログ作成

カンペキ塗装ガイド3 エアブラシ完全攻略 購入 [ガンプラ]

amazonのオススメメールが来たので
普段はスルーするところだがチェックしてみた。


カンペキ塗装ガイド〈3〉エアブラシ完全攻略 (電撃ホビーマガジンHOW TOシリーズ)

カンペキ塗装ガイド〈3〉エアブラシ完全攻略 (電撃ホビーマガジンHOW TOシリーズ)

  • 作者: 鋭之介初代日野
  • 出版社/メーカー: アスキーメディアワークス
  • 発売日: 2008/08
  • メディア: 大型本


カンペキ塗装ガイド3 エアブラシ完全攻略

これのシリーズである、カンペキ塗装ガイドDXというのを持っていて、結構愛読していたのだが
amazonレビューを見ると、この3はエアブラシの専門編のようなのでポチってみた。

DXとはページの開きが逆で、いきなり面食らった。
というか、そもそも著者も別人で、(DXは越智プロ)
シリーズの意味を感じないというかw
同じタイトルで出すなら、せめて本の体裁は統一してほしかった。

内容は、レビューで言われるほど高踏的ではなく
普通に感じた。

こんな塗面で満足しているようではダメだ

みたいなキッツいの期待してたんだけどw

一冊丸々エアブラシの指南で
思ってたより薄く(全98P)、これで2,000円か、と思わなくもないが
写真多めで、解りやすくて良かった。
後半の重ね塗りあたりは
(著者曰く ”現在の高級テクニック”)高度すぎて全然ついていけなかったので
読み込んで実践して、身につけたいところ。

エアブラシ使うモチベーション激ageで、それだけでもう買った意義があったと言える。

カンペキ塗装ガイドDXもそうだが、模型ハウトゥ、塗装ハウトゥ本だと
どうしてもエアブラシについては数ページでの駆け足解説なので、
一冊じっくりエアブラシについて、という本は貴重だと思う。

一点気になったのが

yubi.jpg

こちらの写真の説明文。解りづらいが、たぶん本来
「親指と中指の間に~」
となるべきところだと思う。
ハウトゥ系でこういう単純なミスやられると、どうしても他も全部大丈夫か?と不安に思えてくるので
チェックは厳しめにお願いしたい。



カンペキ塗装ガイド〈3〉エアブラシ完全攻略 (電撃ホビーマガジンHOW TOシリーズ)

カンペキ塗装ガイド〈3〉エアブラシ完全攻略 (電撃ホビーマガジンHOW TOシリーズ)

  • 作者: 鋭之介初代日野
  • 出版社/メーカー: アスキーメディアワークス
  • 発売日: 2008/08
  • メディア: 大型本


ちなみに、自分の買ったのが2015年7月発行の第11版。
こんなに重版してるのに誤植が残ってるのか、と驚いた。


カンペキ塗装ガイドDX (電撃ホビーマガジンHOW TOシリーズ)

カンペキ塗装ガイドDX (電撃ホビーマガジンHOW TOシリーズ)

  • 作者: 越智 信善
  • 出版社/メーカー: アスキーメディアワークス
  • 発売日: 2010/08
  • メディア: 大型本


前から持ってたDX。
これも良い本だった。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

鋭之介初代日野

ご感想ありがとう御座います。
最初の御指摘に関しましては、当時の電撃モデラーでは私と越智氏の二人が塗装担当であったのと、書き下ろしの場合は私が担当であった二点によることです。
誤植に関しては恥ずかしながら全くご指摘の通りです。申し訳ありません。
通例として模型出版社では外部の校正を入れて居らず、またご承知のように現在はWeb版の編集部がかろうじて重版のみ行っているので、改訂は難しいものと思われます。
本書と、プラモ工作法大全「実践作業」編は現在も私の主宰する模型教室で教科書として使用しております。内容に関するご指摘、ご質問などありましたら遠慮無く直接お問い合わせください。
by 鋭之介初代日野 (2017-03-19 19:31) 

TYトン吉

鋭之介初代日野さん

コメントありがとうございます。
作者の方からコメントをいただけるとは恐縮です。
著書愛読させていただいてます。
自分の腕前が未熟なので、参考にできているかは怪しいものの
読んでるとモチベーション上がるので、非常に重宝しています。

せっかくだから「プラモ工作法大全 実践作業編」も読んでみようと思ってamazon開いたら、
以前購入して「水色の本」と呼んで愛読している一冊でしたw

by TYトン吉 (2017-03-24 21:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0