So-net無料ブログ作成
検索選択

名探偵コナン 純黒の悪夢 感想 [映画]

レンタルで視聴。

レンタル開始初日の夜に近所のレンタル屋に寄ったら
大量の在庫が全部貸し出し中になってて、目を疑った。
コナン君そんなに人気あるのかw

翌日無事に借りられて観たので、ネタバレありの簡単な感想。




・絵がちょっと変

 絵自体はきれいだったが、キャラデザが違うのだろうか。
 特に、目の描き方が今までと違い、ちょっと違和感がある。
 薄いというか。
 どことなく、めざましTVの黒い女子アナウンサーの目つきに似ていて、見ててずっと気になったw
 さっきTVでやってた、ルパンvsコナン(2)と比べると、やはり全然顔が違う。


・アムロVSシャアのツインドリフト

 すげえ!俺、鳥肌たっちまったよォ!

・コナン君の存在感が若干薄い

 ゲストキャラ、アムロ、シャア、敵組織の出番が多く、主役の影が薄いような。

・恒例の素人子供アフレコ

 水族館が舞台ということで今回多そうだな、と身構えていたが
 やっぱり結構多かった。
 自分は、最近はもう慣れたからいいけど、最初のうちは一気に萎えさせられたので
 苦手な人は苦手だと思う。

・少年探偵団のコナン君への態度

 ちょっとうるさいウザい奴、みたいな扱いになってて驚いたw
 あゆみちゃんがコナンくんからの着信を
 どーせ怒られるだけだよぉ!(怒) と着拒してたのが印象的。
 好きなんじゃなかったのかw

・アタッカーとなったシャアがだらしない

 赤井が、クライマックス、いざ敵ヘリを狙撃する段になって
 「このライフルでは歯が立ちそうにないな…」
 「この距離では無理か・・・!」
 「上からでも無理かッ・・・!」
 と、いちいち(格好いいクセに)煮え切らない態度を取り、なかなか狙撃を実行せず
 結局、一発も撃たないうちに相手の攻撃食らって暗視スコープを壊される、という不甲斐なさ。
 「チィッ」じゃないよ、と思ってたら、後からアムロに
 「そのライフルは飾りですか!?」
 と煽られて溜飲が下がったw 



ストーリー自体は良かったが
観終わって若干しょんぼりする内容で、映画館で観てたら
終了後、微妙な空気になってた気がする。
子供向け作品だし、EDロールの後に小さい笑いでも入れて
フォローしてくるかと思ったら、意外とそうでもなかったw

超HAMEXコナン映画批評 80点

面白かったが、自分は実は映画は全部見てるけどTVシリーズは見てないので
今回の映画の主要キャラの立ち位置が解らず
(ある程度想像はつくけど)
この映画単体では楽しみ切れなかった。
多分、
あの安室と赤井が共闘するだなんて!映画ならでは、サイコー
みたいな楽しみがあったはずなんだけど、そもそもその二人の関係性が解らないっていうかw
というわけで、TVシリーズを追いかけてる、熱心なファンであればより楽しめただろう。
逆に、自分のようなにわかスタイルでは100%楽しめない作り。

過去映画ではあまり出番のなかった赤井・安室、
そして敵方のジン・キュラソー(本映画オリジナルのゲストキャラ)にスポットが当たったため
その分、蘭や小五郎などの主要レギュラーキャラが空気状態だったのが残念。
そこもしっかりやってくれれば、前述の一部キャラメインの話でも良かったんだけど、
ちょっとバランスが偏りすぎてた気がする。




例年、レンタル先行はおかしいだろ、と思ってたこのシリーズの販売タイミングだが、
今年はついに改善?されて同時リリースに・・・
のはずが、土壇場でソフト版が延期し、結局レンタル版が先行してしまったw

随所でドッカンドッカン爆発してたので作中、普通に考えて、死者は相当でていると思われる。
アベンジャーズなら、コナン君弾劾されて政府の管理下に入るサイン迫られるし
バットマンVSスーパーマンなら法廷に呼び出されるレベル。
せっかくアニメなんだから、逆にむちゃくちゃやったれ、みたいなスタッフの気概を感じた。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: