So-net無料ブログ作成

3Dヘッドマウントディスプレイ SONY HMZ-T2 [家電]


ソニー 3D対応ヘッドマウントディスプレイ “Personal 3D Viewer”SONY HMZ-T2

ソニー 3D対応ヘッドマウントディスプレイ “Personal 3D Viewer”SONY HMZ-T2

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス



最近、これがちょっと気になっている。
だったオラ、3D映画とか好きなとこあるから…

amazonに詳細なレビューがあるので熟読してみたが
総合的な結論としては今は見、が正解っぽい。




いいところ

・3DTVより安い

・3DTVより3D感が強いらしい
 これが非常に魅力。このデバイス形状は3D映像の再生に最適化した結果であり、
 伊達や酔狂でこんな形して無いんだ、という自分への言い訳としても非常に優秀w

・寝っころがって映画が観れる

・3D対応ゲームで遊んでみたい

・場所を食わない

・ロマンw


気になるところ

・セッティングが面倒

・値段が高い

・フルHDではない

・バカっぽいw


特に、セッティングの面倒さが非常に気になる。
レビューを見る限り、ベストの3Dポジションに設定するのが大変そうだし、
せっかく決まっても、それを長時間維持するのも大変、というのは、
この商品を絶賛している人ですら書いてるネガ要素なので、もう、間違いなくそうなのだろう。
さらに、その大仰な儀式が使用するたびに発生するとなると、これはかなりのマイナス。
どんなに良い物でも、使うに当たってハードルが高いとすぐに使わなくなるのは確定的に明らか。
また、これもレビュアーが書いていたが、眼鏡との相性も悪そう。

調べると、前機種HMZ-T1の発売(2011年11月)から、
さほど間を空けずにこの2が出ているあたり(2012年10月発売)、
このタイミングで買って、即、改良された後継機・T3発表、みたいな、
目も当てられない事態も結構ありそう。

また、ゲームでは、真三國無双6が3D対応だったのに、同7は非対応になったり、と
明らかに 3D(笑) みたいな流れがある。
今のところ、レンタル屋でも3D版BDのレンタルはやっているので、ソースに困ることはなさそうだが…

以上を踏まえると、やはり
ここはT3発表まで様子見が正しいんだろうなァ~ン、と
頭では解っていても、それでもどうにも欲しく、うっかり買ってしまうかもしれないw

ちなみに、家電量販店で、よくデモ機が展示されているが、
止まってたり壊れてたりする確率が高く、見事な逆販促を決めてるというかw
SONY社員はしっかり店回ってチェックすべきである。


SONY BRAVIA 40V型 LED 液晶テレビ 3D対応 ブラビア HX750 KDL-40HX750

SONY BRAVIA 40V型 LED 液晶テレビ 3D対応 ブラビア HX750 KDL-40HX750

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス


40型でLEDでこの値段。
何気に、ヘッドマウントなんて買わないで、こっち買ったほうがいいような気がしてきたw
が、amazonでも価格.comでも、肝心の(?)3D機能についてのレビューが全然なく、
あくまでおまけ的な扱いなのだろうか。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1